生産技術戦略コンサルティング

特 徴

 生産技術部門の役割とは、効率よく生産するために必要な物と人員を決定し、かつ必要な工具、設備、建物、そして方法やシステムを供給することにあります。したがって個々に対する技術力だけでなく、戦略的なアプローチが要求される機能と言えます。コンサルティングでは、グローバル生産での工場配置や内外製のデザイン、効率的な工法・設備開発や情報ネットワーク構築、新製品に向けた工程改善や製品レビューなど、商品開発やサプライチェーンとも緊密に連携する課題を各レイヤーからの視点を総合して最適解を見出します。

コンサルティング内容

  1. 生産拠点戦略:生産拠点の配置・役割機能設計、内外製編成の再設計、サプライチェーン設計
  2. 生産技術開発:技術開発テーマの設定、スマートファクトリー化の推進、部品・材料標準化推進
  3. 設備投資計画:中長期の設備投資計画作成、設備導入プロセスの標準化
  4. 新製品立上げ機能:工程・作業設計プロセス標準化、標準時間・原価設定、生産設計データ整備
  5. 生産情報システム構築:生産データの活用方法、ダッシュボード管理構築
  6. 生産技術人材育成:生産技術者マネジメント資格(CPE)取得

検討項目例(グローバル生産戦略の検討)

Ⅰ 現状認識整理

  1. 事業戦略の確認と生産システムの評価
  2. 最近の生産技術での取組みと環境動向
  3. コストダウン、自動化の余地
  4. グローバル生産体制、SCの課題認識

Ⅱ 新生産システムの概要

  1. コンセプトおよびステートメント
  2. 全体イメージとロードマップ
  3. 投資効果

Ⅲ 生産技術テーマ

  1. 自動化と製品アーキテクチャーの考え方
  2. 工程、設備の自動化、IoT化の推進
  3. 製品、部品の自動化対応設計の推進
  4. マザー工場機能について
  5. グローバルサプライチェーンの構造見直し

Ⅳ 推進シナリオ

  1. 取組フェーズとスケジュール
  2. 推進体制および共有認識化のしくみ

事 例

業 界:事務機器製造

会社プロフィール:業界大手。海外市場向けは現地生産

テーマ:全世界同コスト生産の推進

背 景:自動化および製品のモジュール化推進

取り組み内容

  • 工場および内外製編成の見直し案作成
  • 国内主力工場の生産技術開発拠点化推進
  • IoT化のマスタープラン作成と推進
関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧