調達・物流コンサルティング

調達・物流コンサルティングの特徴

ものづくりの良さは生産現場の力だけでは成し得ません。現物を滞りなく動かす力と情報を伝える神経ネットワークが不可欠です。サプライチェーンを鳥瞰しながらその構成要素をきっちりとデザインするために、現場を知り、バリューチェーンのメカニズムを熟知するコンサルティングチームが調達と物流におけるフローとストックの最適化を行い、トータルコストとキャッシュフローの改善を図ります。

調達・物流コンサルティングの進め方

調達や物流は、常に生産活動や販売活動とつながっており、改善にはシステムアプローチが要求されます。モノ・情報・資金の流れをビジュアル化して、1つの改善行動が他にどのように影響するか注意を払います。そうした姿勢のもと、在庫量、リードタイム、生産効率、物流効率、サービスレベル、トータルコストなどの連立方程式の最適解をどのように求めるのか、私たちはその独自の方法論を使って難題に挑戦しています。