業種別コンサルティング

業種別コンサルティング

電気・電子

競争優位性の再構築が最大の経営課題

電気・電子業界は一言で括るには幅が広い業界です。しかし、共通していることはいくつかあります。
①この業界なしには現在の社会は成り立たないことほど身の回りに浸透し市場も巨大であること
②半導体におけるムーアの法則のように技術革新の速度が速いこと
③グローバルな競争が激しく、陳腐化・コモディティ化のスピードも速いこと
などです。

電気・電子業界では大量生産品が多いことから、アジアを軸としたコスト競争に勝ち抜き、かつ新たな技術トレンドを先取りした差別化が必要となります。これまでと違った新たな課題解決を目指した製品コンセプト立案、AIを活用した製品のインテリジェンス化などの製品の価値向上や市場創造、これらを企業間連携やODMなども活用しながら俊敏に推進することが求められます。
そして供給の面では製品のモジュラー化が進んでいることを背景に、OEMの活用と調達ネットワークの最適なサプライチェーンの構築がカギとなります。

このような企業に変わるためには、市場トレンドの洞察と反応、投資決定などでの経営の意思決定スピード、超短期間での商品開発、柔軟なサプライチェーンの構築など、組織の能力を変革することがもっとも大事な課題となります。

統合アプローチによる一貫した変革を支援

上記のような課題を解決するためには、事業全体として関連部門すべてが変革を検討し、実行していかなければなりません。

事業単位での競争優位性を再構築するには、以下のような変革のテーマ(例)が必要になります。JMACは長年にわたる製造業支援から日本製造業の特性を熟知しており、製造業の経営・事業戦略および各機能単位でのコンサルティングを行っています。スペシャリストのコンサルタントがチームを組み一丸となって変革を支援します。

【変革のテーマ】

  • 新事業開発・事業機会の探索
  • 競争戦略の構築
  • 技術戦略の強化
  • ビジネスモデルの革新
  • 新価値創出を目指した商品・サービス企画
  • モジュラーデザイン
  • 超短期開発・Agile開発
  • ODM・OEM活用
  • グローバルサプライチェーン革新
  • 生産構造の最適化
  • セールス・サービスネットワークの再編

プロダクトライフサイクルと連続的成長の実現

コンサルティングテーマ&実績

企業 事業規模 支援テーマ 成果
D社 8,000億円 破滅的(革新的)技術への対応 変革戦略の策定/製品アーキテクチャー・開発ラインナップの設定/サプライチェーン再編計画の策定
M社 8,000億円 新事業モデルの創造 新事業戦略の策定/新事業ビジネスプロセスの設計
P社 3,000億円 グローバル・サプライチェーンの再構築 業界最高レベルの在庫レベルの達成
K社 1,000億円 開発期間の短縮 市場投入タイミングの遅延減少

コンサルティングテーマ

関連事例を読む