技術戦略コンサルティング

特 徴

 技術戦略は企業が進むべき技術的な方向性を示す羅針盤です。JMACのコンサルティングサービスは、企業が保有するコア技術を明らかにして、それを活用した事業活動の展望を描くと同時に将来の事業環境の変化を踏まえ、獲得すべき技術の方向性を提示します。

コンサルティング内容

  1. 技術体系構築:①技術棚卸し ②技術評価 ③コア技術の設定 ④技術プラットフォームの設定
  2. 技術トレンド分析:①社外技術調査 ②注目技術選定 ③技術トレンド分析
  3. 事業機会構想:①将来事業調査 ②技術/価値変換 ③事業アイデア創出 ④アイデア検証
  4. 技術戦略立案: ①必要技術の明確化 ②事業・技術発展構想の立案
  5. 技術戦略実行支援: ①技術ロードマップの構築・実行支援 ②オープン・イノベーション施策の立案・実行支援

検討項目例

テーマⅠ:技術棚卸しとコア技術設定

  • 技術棚卸対象設定
  • 技術棚卸し
  • 技術評価
  • 技術ポジション評価
  • コア技術設定
  • 技術プラットフォーム設定

テーマⅡ:技術戦略の策定

  • 社外技術分析
  • 将来事業分析
  • 技術/顧客価値変換
  • 新事業アイデア創出
  • アイデア評価・検証
  • 必要技術抽出
  • 重要技術の見極め
  • 技術・市場展開構想立案
  • 技術戦略構想マップ策定
  • 技術ロードマップ策定

事 例

業界:電機

会社プロフィール:連結売上高1,500億、主力製品ではグローバルでシェアトップの電機部品メーカー

テーマ:中・長期技術戦略策定

背 景:主力製品はグローバルでトップシェアを誇る。しかし現在の主力商品が開発されてから長い年月が経ち、製品や技術の陳腐化が懸念されていた。主力の自動車向け事業が当面は堅調に推移すると期待される中で、業績が好調なうちに次の矢を放つ準備が必要になった。そこで、研究開発部門と経営企画部門が中心となり、強み技術の再構築とそれを軸とした企業成長のシナリオを描くことを本活動の目的に設定した。

取り組み内容

  • 自社技術の棚卸と今後強みとなる技術の見極め
  • 社外にある有望な技術シーズの取込み
  • 技術を軸とした新たな企業成長のシナリオ策定
  • シナリオを実現するための技術ロードマップとを推進体制整備
関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧