グローバルHRMコンサルティング

特 徴

  1. グローバルHRMとは自社のグローバルの事業展開を支える人材の獲得、育成、配置、処遇を戦略的に行うためのマネジメントの仕組みです。JMACは、企業のマネジメントポリシー、海外事業戦略、グローバルHRMの運用リソース等のバランスを考慮しながら、最適なグローバルHRMコンサルティングを提供します。
  2. 形だけのグローバルHRMシステムの導入にならないように、「日本本社人事部門の役割の再定義」「日本本社と海外拠点の連携体制」といった運用面の課題解決を重視します。
  3. 海外拠点に対する人材現地化などの課題に対するコンサルティング支援も可能です。

コンサルティング内容

1.グローバルHRMの基本ポリシー策定およびグローバル人事部門の役割定義
 自社にとってのグローバルHRMとは何かについて基本ポリシーを定め、今後のグローバル人事部門が果たすべき役割や組織体制を設計します。

2.グローバルHRMを高度化させるマネジメントツールの導入
 自社のグローバルHRMポリシーに基づき、必要なマネジメントツールを海外拠点を巻き込みながら導入します。JMACではこのマネジメントツールを「グローバルHRMの10アイテム」として体系化しています。

3.海外拠点の現地化支援
 JMACのローカルコンサルタントと協働して海外拠点の現地化を支援します。

検討項目例

Ⅰ.現状分析フェーズ

1.グローバルHRMに関する簡易診断

2.人事データ分析

Ⅱ.基本構想フェーズ

1.課題と解決方向
(1)課題設定
(2)課題の解決方向

2.基本構想立案
(1)グローバルHRMポリシー
(2)グローバル人事機能の役割定義

Ⅲ.マネジメントツール導入フェーズ

(以下、テーマ例)

  • 人事KPI管理
  • グローバル組織・幹部管理
  • 理念の浸透
  • エンゲージメントサーベイ
  • グローバル人材獲得
  • グローバル人材育成
  • タレントマネジメントシステム
  • グローバルHRミーティング
  • 海外現地法人サポート
  • グローバル人事ポリシー

Ⅳ.導入準備・運用定着化フェーズ

1.海外拠点展開準備

2.導入・定着トレーニング

3.制度検証
(1)実態確認
(2)課題解決検証
(3)レベルアップ検討

事 例

業 界:自動車部品

会社プロフィール:大手自動車メーカーのサプライヤーとして海外展開

テーマ:海外拠点の人材現地化

背 景:約30年前に海外に進出して以降、海外拠点は日本人中心の経営を行ってきたが、停滞感が見え始めていた。日本本社のトップの意向で、海外拠点の経営をローカル人材主体に切り替え、再成長を目指すこととなった。

取り組み内容

  • 日本本社人事部門のグローバル人事戦略の策定
  • 海外拠点のサクセッションプランニングの仕組み構築
  • 日本本社と海外拠点の連携体制構築 など
関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧