お問い合わせ

研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

第23回 目的にあった交流会運営をしているか?

塚松 一也

rd_23_top.jpg

前々回前回に続き今回も、研究開発部門で行われている技術交流会(発表会)を題材に取り上げる。

技術発表会・交流会の2つの狙いと運営の仕方

 技術発表会や技術交流会の狙いはそれぞれでさまざまだが、大きく2つに分けられる。

 1つ目は、組織の上の人(権限がある人)に技術の理解を深めてもらい、予算やリソース配分について適切な意思決定につなげることである。平たく言えば、予算獲得のための上の人へのプレゼンだ。

 このタイプの交流会は、聴き手を特定の少数に絞って運営するのが効果的で、狙い通りの結果を得やすくなる。聴き手が多岐にわたると、話し手もいろいろなことを気にして話してしまい、意思決定者に内容がうまく伝わらないことも起こりがちである。イメージとしてはお得意様会(プライベートフェア)のようなイメージで、少人数の場をつくるのがよい。

 2つ目は、他の研究者や他部署(営業の人など)との交流を通じて技術の可能性を知ってもらい、技術活用のアイデアなどにつなげることである。こちらはノミの市(フリーマーケット)のように、ワイワイとにぎやかな運営(演出)をするのがよいだろう。

 2つの交流会は性質が異なるため、それぞれにあったカタチで企画・運営した方がよい。昔はポスターセッションが定番だったが、最近は小型プロジェクターや大画面モニターを使って簡易プレゼンテーションをするスタイルも増えてきている。

技術発表会・交流会のねらいと運営のポイント

技術発表会・交流会は重要なR&D現場のイベント

 3回にわたって技術発表会・交流会について書いてきたが、伝えたかった趣旨はR&D組織において、研究開発実務と同様に技術発表会・交流会の開催・運営も重要だということである。決して「たかが発表会でしょ」と軽視してはならない。魅力的な技術発表会は、上位マネジメントの適切な意思決定につながる。

 魅力的な技術交流会はいろいろな創発につながり、毎年続けると、よき文化・伝統になっていくものである。

 他人の研究に関心を持たないような人の集団にならないための一つの具体的な施策が、技術発表会・交流会の場を魅力的になるように工夫し継続していくことだと思う。

オピニオンから探す

研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

  • 第24回 ワクワクするプロジェクトの目標を掲げているか?

イノベーション人材開発のススメ

  • 第5回 イノベーションの前に「ビジネスの基本」を

失敗しない組織改革のススメ―問題意識を起点に対策を立てる―

  • 第7回 なぜ「業務改善」は形骸化するのか?

国内の成熟市場で成長するために

  • 【最終回】第10回 働き方改革におけるマネジメント・イノベーション(後編)

本気のSDGs

  • 第7回 脱!手あたり次第のSDGs
  • コロナ禍のマーケティング 3つの成功例 未知・未体験のことは顧客に聞かない!

第一線の組織マネジメントを考察する

  • 【最終回】第15回 やりくりのマネジメントの意味合い

新価値創造マネジメントの新潮流

  • 第8回(最終回) 事業戦略での製品群の全体最適化
  • 「職場力」を再生する 〜リモートワーク時代の「場」のマネジメント〜

ものづくりマネジメント最前線

  • 第2回 これからのものづくりは戦略と実行力!

オムニチャネル成功の鍵

  • 第6回 オムニバイシクルモデルの実際 ①Omni‐CRM(顧客起点のCRM) 推進ポイント

オピニオン一覧

コラムトップ