お問い合わせ

コンサルティング・サービス

基幹システム導入コンサルティング

  • 業務改革・システム化

特 徴

業務成熟度レベルを上げずに基幹システムを再構築しただけでは、システムの活用範囲が限定化され、ねらった成果を出せません。JMACは、業務成熟度レベルとシステム装備度レベルを適正化させることを基本方針としています。

「基幹システム」の再構築に向けて、To-Be(あるべき)業務の設計、RFP作成支援、ベンダー・パッケージ選定支援、システム導入・PMO支援、定着化支援まで一貫した支援を行います。

JMACは、中立の立場から特定のベンダー・パッケージに依存せずに、業務起点でTo-Be実現のために最適なシステムの選定・導入を支援します。

コンサルティング内容

  • システム再構築による業務の標準化、効率化の推進
  • To-Be業務プロセス設計と実現に向けたシステム必要機能の整理
  • 基幹システム入替えに向けたRFP策定、パッケージ選定
  • 基幹システム導入時のPMO支援、定着化の支援 など

検討項目例

1.As-Is業務把握

①業務項目・業務分担・業務量の見える化

②業務フローの見える化

③システム構成、機能関連の見える化

④業務改革課題・システム課題の設定

2.To-Be業務設計

①To-Be機能分担設計

②To-Be業務プロセス設計

③KPIの設定

3.RFP策定

①システム機能要求の整理

②RFP策定

③システムベンダー・パッケージ候補の選定

4.ベンダー・パッケージ選定支援

①ベンダー提案の評価

②ROI算定

5.システム導入・PMO支援

①要件定義・To-Be業務設計の見直し支援

②PMO支援 

6.定着化支援

①運用課題解決支援

②KPIモニタリング、目標達成支援

アウトプットのイメージ

事 例

業 界:建材

会社プロフィール:連結売上高5,000億円程度の国内大手の建材メーカー

テーマ:全社業務改革および次期基幹システム再構築

背 景:事業環境の厳しさが増すなか、経営基盤強化が急務となった。エリア・拠点および販売・製造・開発ごとに確立されている業務フローの全体最適および機能間でのつながりが弱く、柔軟な対応ができないシステムの再構築を目指し、全社業務改革および次期基幹システム再構築を推進することにした。

取り組み内容

  • 現状プロセスの把握と改革基本方針の設定
  • 全体最適を目指したTo-Be業務プロセスの設計
  • 情報システム再構築のための業務要件整備

コンサルティング・サービストップ