働き方改革コンサルティング

特 徴

 働き方改革の実現には2つのアプローチがあります。

(1)全社働き方改革アプローチ
 会社の戦略実現の重要要素とし、生産性・業績の維持向上に加え、維持向上の前提となる社員づくり・組織風土実現のため、会社としてどのような働き方をめざし、それを実現していくのかをデザインし、成功シナリオを実現する活動です。

(2)職場単位の働き方見直しアプローチ
 "働き方"は職場が従事する業務内容・特性、従業員の構成によって変化します。そのため職場単位にスコープを当て、ワーク・ライフバランスの観点で、職場の仕事をうまく進める力量・マネジメント力の向上をねらう活動です。

 JMACの「働き方コンサルティング」は、これらのアプローチ・活動を「ワンストップ」で支援することが最大の特徴です。

コンサルティング内容

  1. 働き方実態調査、問題共有
  2. 「ありたい働き方」未来志向・デザイン検討、コンセプトづくり
  3. 実現課題検討&テーマ設定、マスタープラン&体制検討
  4. モデル部門設定によるパイロット活動、事例づくり
  5. 全社展開のための教育活動
  6. プロジェクトマネジメント

検討項目例

 コンサルティング内容・ステップに従い、以下のような課題領域をお客さまとともに検討します。

①長時間勤務の是正、業務負荷の高い仕事の廃止・軽減化

②負荷ピークを乗り切る・助け合う職場づくり、チームビルディング

③柔軟な働き方実現のための環境づくり(人事制度検討、リモートワーク環境設計、運用設計)

④生産性・創造性向上のためのオフィス設計(コンセプト・基本設計、業者コンペ、運用設計)

⑤女性活躍などダイバーシティ実現のための働き方ルールの見直し

⑥働き方改革を通じた、エンゲージメント・働きがい向上実現

⑦生産性向上活動レベルアップ、より価値の高い仕事への変換

事 例

業 界:ゼネコン

会社プロフィール:建築・土木部門の全国展開、社員数約4,500名

テーマ:長時間労働の是正

背 景:労基法対応、各職場の時間や助け合いを意識した働き方促進

取り組み内容

  • モデル部門の働き方実態把握
  • 職場の「残業低減」に対する意識調査(ポジティブ面&ネガティブ面)
  • テーマ設定「意識改革のための全社方針・指針づくり」「業務分担による負荷低減」「職場のダンドリ力アップ」「ツール強化による業務削減」など
  • 施策浸透とためのガイドブックづくり、研修活動
  • KPI設定、モニタリング
  • プロジェクトマネジメント

その他の実績
化学メーカー、飲料メーカー、組立メーカー、銀行・保険、ノンバンク、総合商社、専門商社、物流、電力卸・小売り、人材派遣、など実績多数

関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧