お問い合わせ

コンサルティング・サービス

業務改革コンサルティング

  • 業務改革・システム化

特 徴

業務生産性を飛躍的に向上させるには、業務の抜本的な見直しが必要です。業務改革課題は、システム調達が必要な課題だけではなく、システム調達が不要なもの、リソース配置に関するもの、人材のスキルに関するものなどさまざまです。

JMACは総合コンサルティング会社として幅広く豊富な経験を有しています。そのため、現状実態の可視化、業務課題の設定、業務改革計画の立案、業務改革の実行まで一貫して支援することができます。

※基幹システムの導入を伴う業務改革の場合は、「基幹システム導入コンサルティング」を参照してください

コンサルティング内容

  • 生産性向上のための業務改革(BPR)推進支援
  • 長時間労働抑制のための業務改革(BPR)推進支援
  • バックオフィス業務の集約支援、アウトソーシング化推進支援
  • サプライチェーン最適化のための業務改革(BPR)推進支援 など

検討項目例

1.As-Is実態把握

①業務項目・業務分担・業務量の見える化

②業務フローの見える化

③業務改革課題の設定

2.改革課題設定

①業務改革テーマ設定

②業務改革実行計画の策定

3.業務改革実行

①業務改革テーマの実行

②PMO支援

JMACは、以下に示す4つの軸を基本として、現状の見える化を実施し、業務改革課題を整理し、改革テーマ企画を立案します。

4つの軸を基本として、現状の見える化を実施し、業務改革課題を整理し、改革テーマ企画を立案

事 例

業 界:オフィス機器

会社プロフィール:国内大手のオフィス機器メーカー

テーマ:コーポレート部門の組織・機能分担設計およびTo-Be(あるべき)業務設計の支援

背 景:コーポレート部門の業務効率化(適正人員設計)、人員削減▲300人(強化部門へのシフト)、ライン部門へのサービス機能の強化(削減工数のサービス機能強化への割り当て)が必要となった。

取り組み内容

  • 組織構成の設計、To-Be機能分担の設計、To-Be業務設計、To-Be業務基準の整備
  • 業務アクティビティ別標準時間の設定、コストドライバー(時間変動要素)の設定、適正人員試算・設定
  • KPI・KPDの設定、KPI・KPD算出ロジックの設定、モニタリング設計

コンサルティング・サービストップ