お問い合わせ

本気のSDGs

第14回 社員を巻き込む!SDGsを「自分ごと」へ

  • SDGs・サステナビリティ経営

山本 詢

honkino_14_top.jpg

“Transforming:変革”を志向したSDGs推進

 前回のコラムでは、日本企業には近江商人の精神が根付いており、自社の既存事業でもSDGsに貢献していることを紹介した。一方、こうしたSDGsマッピング作成のような取り組みでは物足りなさを感じる読者もいたのではないだろうか。そこで、改めてSDGsの本質を考えてみたい。

 SDGsの17のゴールが記載されている正式な文書は、「Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development」(「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」)である。ここで注目すべきは、Transformingという単語が使用されている点だ。変化を表す単語は他にも存在するが、Transformingには、劇的な変化、すっかりと変わるといったニュアンスが込められている。

 これまでの延長線上の活動を続けるだけでは、世界はもはや持続不可能である。価値観を根底から覆すような大胆なシフトを図ることこそがSDGsの本質だといえるだろう。

 このように考えてみると、企業のSDGs推進においても、従来の経済的価値の追求だけではなく、環境的価値や社会的価値を統合した成長を目指す考え方への転換が必要となる。つまり、自社のビジョンと自社のバリューチェーンを取り巻く外部環境の変化、それに伴い、想定される社会課題を正しく捉え、新規事業につなげていく。このような変革が求められている。

SDGs推進に社員を巻き込み活動を展開する

 社会課題を事業活動に落とし込むために役立つ発想が、本シリーズ12回目で紹介した「アウトサイド・イン」アプローチである。サステナビリティ推進のキーワードとして語られ、多くの企業でも「アウトサイド・イン」アプローチを用いて、SDGsに関係する新規事業を検討しているだろう。

 しかしながら、「アウトサイド・インで発想しても、なかなかアイデアが出てこない」「アイデアを実現しようとしても、現場に浸透せずに実効性を伴わない」などの困りごとをしばしば耳にする。SDGs推進部署やトップ層だけの検討では、既存事業の延長ではない新価値を創造する事業を生み出すことは難しい。

 そこで、全社的な活動として、若手含めて社員一人一人からの声や知恵を集結させることが重要となる。その理由は以下の3つである。

①現場の最前線で日々、さまざまな情報に触れている
 現場にいるからこそ、日々の業務の中で、ステークホルダーが抱えている課題や自社に対する要望をいち早く察知している。

②既存の枠にとらわれない斬新なアイデアが期待される
 従来の検討方法では、これまでの延長線上の発想にとらわれてしまう場合やどこかで聞いたようなアイデアしか出てこない場合が多い。社歴が短い社員を巻き込むことで、自社の既存事業にとらわれない柔軟な発想が生まれることが期待される。

③アイデア数を集めることができる
 新規事業の検討では、多くのアイデアが選択肢として存在することが前提となるが、限られたメンバーだけではアイデア数に限界が生じる。多様なメンバーからアイデアを募ることで、アイデア数を増やすことが可能となる。

SDGs推進の「自分ごと」化を促す

 社員を巻き込むといっても、いきなり活発な意見やアイデアが寄せられることは期待できない。では、自社のSDGs推進について積極的に関与してもらうためにはなにが必要だろうか。

 それには当然、
・現場からの声を募集する制度や場を設けること
・さまざまな意見が歓迎される組織風土を醸成すること に加えて、
<社員に対して、SDGs推進の「自分ごと」化を促すこと>
が重要なポイントとなる。

 社会課題・顧客課題を正しく捉えることができなければ、そもそも新規事業のアイデアを発想することが難しい。ところが、社員が社会課題に対して無関心であるケースが多い。一般的に社会課題に対して関心が高いとされるZ世代※1でさえ、実は意識が高い者はごく一部に限られる。事実、マイナビが22年3月卒業見込みの大学生・大学院生を対象に行った就職意識調査結果※2によると、「人のためになる仕事をしたい」「社会に貢献したい」といった就職観を持つ学生は3割に満たない。
 筆者も筆者もボランティアで学生の就活支援を行っている。中にはSDGsや社会課題の解決に熱い情熱を持っている学生もいるが、本心から仕事を通じた社会貢献を志向している学生は少数である印象を受ける。

 社員の社会課題への関心を高めるためには、自社理念や存在意義の浸透、自社事業とSDGsの関係性の整理、社史の棚卸しが有効である。これらを通じて、まずは自社のビジネスと社会課題が密接につながっていることを伝えていくことが必要である。近年では、ボランティア、副業、異業種との交流を推奨する企業も増えているが、これらの取り組みは、社員が社会課題をキャッチする上で非常に重要となる。自社が貢献できる社会課題は、既存事業の周辺領域とは限らない。日々の業務とは異なる人と接することで、新しい気付きが期待できる。

 SDGs推進の「自分ごと」化には、SDGsの同業他社事例や先進事例の紹介も欠かすことができない。他社事例を知ることは、自社に転用できるアイデアを思考するきっかけとなる。これにより、会社内の活動、生活の中で日々触れた社会課題を、自社の強みを発揮していかに解決するのか、新しいビジネスを発想するセンスが磨かれる。

 これからのSDGs推進には、“Transforming:変革”が求められるが、検討においては参加者がSDGs推進部署やトップ層に限られる必要はない。新価値の創造には、社員一人一人からの意見を集めることが重要となる。これからの時代を開いていく人たちから寄せられた価値観を根底から覆すような大胆な変革アイデアによって、企業の持続的な成長および持続可能な社会の実現が達成されることを願っている。

※1厳密な定義はないが、概ね1990年代なかばから2010年ごろに生まれた世代を指す。
※2株式会社マイナビ「2022年卒大学生就職意識調査」

オピニオンから探す

研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

  • 第25回 “不確実性”を前提としたプロジェクトマネジメントをすべし

イノベーション人材開発のススメ

  • 第6回 イノベーション人材が育つ組織的条件とは

失敗しない組織改革のススメ―問題意識を起点に対策を立てる―

  • 第7回 なぜ「業務改善」は形骸化するのか?

国内の成熟市場で成長するために

  • 【最終回】第10回 働き方改革におけるマネジメント・イノベーション(後編)

本気のSDGs

  • 第7回 脱!手あたり次第のSDGs
  • オンラインサービスは新たなCXをもたらしたのか? オンラインサービス体験から見えた、メリットデメリット

第一線の組織マネジメントを考察する

  • 【最終回】第15回 やりくりのマネジメントの意味合い

新価値創造マネジメントの新潮流

  • 第8回(最終回) 事業戦略での製品群の全体最適化
  • 「職場力」を再生する 〜リモートワーク時代の「場」のマネジメント〜

ものづくりマネジメント最前線

  • 第2回 これからのものづくりは戦略と実行力!

オムニチャネル成功の鍵

  • 第6回 オムニバイシクルモデルの実際 ①Omni‐CRM(顧客起点のCRM) 推進ポイント

オピニオン一覧

コラムトップ