在庫削減コンサルティング

特 徴

 在庫は商品供給のリードタイムを短縮させる役割がありますが、商品アイテムの増加、販売計画のあいまいさ、大ロットでの生産、季節変動対応などで、キャッシュフローや保管コストに悪影響を与えます。適正在庫を目指すためには、サプライチェーン全体を見渡して、在庫との関連要因をバランスよくコントロールする必要があり、サプライチェーンの構造を理解して、関係各機能との連携作業を適切にリーディングするための、幅広い業務の知見とマネジメントスキルが要求されます。

コンサルティング内容

1.販売:発注小ロット化、発注サイクル短縮、販売予測精度向上、販売情報共有、終売管理
2.設計:部品・ユニット標準化、設計標準の作成、検図見直し、出図の分割化
3.資材調達 :調達リードタイム短縮、調達ロットの適正化、入荷タイミング最適化、新製品管理
4.生産:生産計画サイクル短縮、小ロット生産、作業改善によるリードタイム短縮
5.物流:配車計画見直し、積載効率向上、直送化拡大
6.SCMシステムデザイン、導入運営

検討項目例

Ⅰ 現状の在庫構造把握

1.在庫特性区分毎の在庫量把握
2.サプライチェーンマップ作成
3.関連業務のリードタイム把握

Ⅱ 在庫発生要因分析

1.生産計画基準、販売計画精度
2.調達品別リードタイム
3.関連指標(在庫基準遵守率、納期達成率、欠品率、納期変更実績)

Ⅲ サプライチェーンプロセス改善

1.目標リードタイム設定
2.適正在庫基準設定
3.業務改善施策の検討と推進

Ⅳ 管理システムの活用

1.SCMシステム改善
2.生産管理システム改善
3.業務KPIの設定
4.運営組織設計

事 例

業 界:精密機器製造

会社プロフィール:グローバル市場に展開。業界大手。

テーマ:製品在庫の削減

背 景:発注から納入まで期間が長いため、販売側が過剰に製品在庫を保有しキャッシュフローを圧迫

取り組み内容

  • 販売在庫量と受注量データの共有化
  • 製品別安全在庫量基準の見直し
  • 生産計画サイクルの短縮化
  • 製品廃盤ルールの設定と実行
関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧