採用情報

閉じる

お知らせ

第3回 ベトナムマネジメントフォーラム デジタルでモノづくりを変える デジタル導入の第一歩

2020年1月17日

info20200117.png

日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、ベトナムの日系企業を対象に「第3回 ベトナムマネジメントフォーラム デジタルでモノづくりを変える デジタル導入の第一歩」をハノイで開催します(主催:JMAC、共催:IMTC)。

これまで喧伝されてきた、安価で豊富な労働力のベトナムの魅力が失われつつあります。人件費の上昇、高い離職率、採用難への対応、更には労働生産性の向上という課題に頭を痛めている日系企業の皆さんも多いと推察します。これらの課題を解決するカギとなるのが、属人的な仕事の仕方からの脱却に向けた、仕事の自動化・デジタル活用であると私たちは考えます。

近年、IoT、Industry 4.0、Smart Factoryなど、デジタル活用が叫ばれていますが、
「どの業務がIoTに適しているのかわからない」
「日々生じる課題に奔走しており、デジタル化が思うように進まない」
「ICT/IoTを活用するための人材が育っていない」
といった、声をよく耳にします。
自動化・デジタル化推進が課題解決のカギであるとは知りつつも、思うように取り組めない現実もあるようです。

本セミナーでは、現場の仕事の改革・改善、そして自動化・デジタル導入経験の豊富なコンサルタントが、最新の事例も交え、みなさまの職場での自動化・デジタル導入のためのカギを披露します。さらには、デジタル活用を具体的に体験する機会も設けます。ご参加により、属人的な仕事の仕方からの脱却に向けた、ヒントを得ていただくことを期待します。

終了後にささやかながら懇親の機会を設けます。みなさまの生の声をお聞きするとともに、情報交換の場としたいと思います。

第3回 ベトナムマネジメントフォーラム
デジタルでモノづくりを変える デジタル導入の第一歩 開催概要

日 時

2月27日(木)14:00~17:00 (受付開始 13:30)

会 場

ホテル デュパルク ハノイ Jaune A ホテル公式HP

対象・定員

主に製造業の方・先着50名

参加料

無 料

プログラム

※言語は日本語となります。

1.デジタル化・AI化・RPA化・自動化、現在の趨勢 
2.ベトナム人財の活用について
3.今後の自動化
4.自動化のレベルと自動化対象について
5.デジタル化・AI化の適応
6.まずはデジタル化・IoT化になじむところから
7.デジタル化・自動化の余地診断
8.まとめ
終了後、懇親会

参加申し込み

参加申し込みのフォームに行く >

※同業種の方からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。

担当講師

石田 秀夫
日本能率協会コンサルティング(JMAC)生産コンサルティング事業本部長
シニア・コンサルタント

大手自動車メーカーに入社し、エンジニアとして実務を経験した後、JMAC入社。生産部門および開発設計部門のシームレスな収益改善・体質改善活動を支援。事業/生産/技術/知財戦略を組み合せた次世代ものづくり/スマートファクトリー化を推進。


小野 甫
日本能率協会コンサルティング(JMAC)デジタルイノベーション事業本部
チーフ・コンサルタント
製造業のIoT化構想策定~プロセスの改革まで全般を推進。AI活用可能性検討プロジェクトなどを担当。


八谷 賢次
IMTC ダイレクター
2007年の来越から、人材育成事業に携わる。業務改革コンサルティングにて30年の実績を持ち、製造業、小売業、サービス業等での豊富な実績を経験を持つ。

本件に関するお問い合わせ

日本能率協会コンサルティング(JMAC)
ASEAN推進事業センター 中村映一
Tel: +81 (0)80 3258 0804
Email: info_global@jmac.co.jp

コンテンツへのリンク

「2020ものづくり川柳大賞」決定! 2月14日に表彰式

2020年1月16日

日本能率協会コンサルティング(JMAC)主催の「2020ものづくり川柳大賞※」の入選作・佳作が決定しました(下記)。大賞に選ばれたのは八坂 勇多さん(住友化学株式会社・大分工場)の句です。なお、入選作にはイラスト(作・大川清介)・選評を付けて公表し、作品ポスターとして公開します(本ページからダウンロード可)。

今回の応募総数は、819句。川柳審査員による選考会で受賞作品が決定しました。入選者は2020年2月14日開催の『第7回 ものづくり・現場力事例フェア』(主催:JMAC)で表彰されます。

第7回 ものづくり・現場力事例フェア について詳しく >

※ものづくり川柳大賞とは
JMACの月刊誌『TPMエイジ』で毎年募集していた「TPM川柳大賞」「工場川柳大賞」を受けて、「ものづくり・現場力事例フェア」の特別企画として募集している川柳賞。ものづくりに従事する方々の職場や家庭での喜怒哀楽をユーモラスな川柳で表現する企画として長年親しまれており、今年で23年目。

2020ものづくり川柳大賞 入選作・作者一覧(敬称略)

【大賞】 ジャッカルで 隣の改善 奪い取る

八坂 勇多(住友化学株式会社・大分工場)

2020_senryu_taisho.jpg

【選評】ラグビーW杯で、一躍有名になった「ジャッカル」。味方のピンチを救う姫野選手のジャッカルの連発に、改善案が出ずに苦しんでいる仲間を救う自分の姿を重ねているのかな? でも、あくまで社内での改善の横展開のためのジャッカル限定でお願いします!

【優秀賞】 改善の 効果が出るのは 定年後

増田 諭一(ブリヂストンフローテック株式会社・埼玉工場)

2020_senryu_yushu01.jpg

【選評】「目に見えるもの、目に見えないもの」「スグ効果が出るもの、ジワジワと効果が出るもの」改善効果の現れ方にも、さまざまなタイプがあるものです。問題は、アナタの会社がどんな改善効果もキチンと認めてくれるかどうか。雇用延長が進む昨今、アナタ自身の定年は何年後なのかも気になる⁉

【優秀賞】 OJT ベテラン背後で 「あおってる」

弓削 健一(旭化成株式会社・川崎製造所)

2020_senryu_yushu02.jpg


【選評】「俺の背中を見て盗め」というのがベテランの常でしたが、背後に回ってあおるOJTでは、On the Job Training(職場内訓練)じゃなくて、On the Job Trouble(職場内迷惑)となってベテランの存在価値が下がる恐れも......。ドライブレコーダー付きヘルメットが標準装備にならないよう、愛のあるOJTをお願いします!

【特別賞】 口裏と 数字合わせは ONE TEAM

大窪 昭子(株式会社デンソー・豊橋製作所)

2020_senryu_tokubetsu.jpg

【選評】ラグビー日本代表も4年間をかけてONE TEAMを文化にまでつくり上げたそう。みなさんも努力と苦労を積み重ねて簡単にはミスやボロを出さない、そしてイザというときはフォローしあえるレベルに達したのでしょうね。4年後にはそのチームワークを口裏と数字合わせ以外にも発揮してくださいね!

【審査委員長賞】 変わる世も 良いものづくり 変わらずに

大橋 則夫(株式会社信州シキシマ)

2020_senryu_shinsa.jpg

【選評】働き方や作業環境、そして企業の置かれている状況などが大きく変化する中にあって、いまだに日本のものづくりは、わが国の屋台骨を支え続けています。元号が「令和」に変わっても、あれこれいわず良いものづくりに努力する、この想いがある限り日本の製造業の強さは変わらないはず!

佳作・作者一覧(敬称略)

令和こそ 災害ゼロの 0(レイ)の輪を
谷口 輝祥(エコシステム山陽株式会社)

絶やさない 技術の伝承 パスつなぎ
能城 秀一(独立行政法人国立印刷局・王子工場)

表現の 自由で彩る 活動板
佐藤 大輝(サントリープロダクツ株式会社・榛名工場)

外れても 規格無いから 規格内
小野 宏(昭和アルミニウム缶株式会社・彦根工場)

省エネを 追求しすぎて 闇現場
金子 映夫(昭和アルミニウム缶株式会社・小山工場)

診断日 笑わない男 現れる
伊藤 智也(西部石油株式会社・山口製油所)

設備鳴く テープ回してないやろな
三浦 良彦(パンパシフィック・カッパー株式会社・佐賀関製錬所)

エフ取りもポイント制にして欲しい
横田 洋士(富士マシン株式会社)

闇営業? 上司を通さず 依頼くる
夏井 崇(富士石油株式会社・袖ヶ浦製油所)

不具合も 加工アプリで 消せればなぁ~
松岡 克磨(北海道石油共同備蓄株式会社・北海道事業所)

2020ものづくり川柳 入選作ポスター

入選作品をポスターにしました。ご活用ください。

senryu_2020.png


ポスター(PDF)をダウンロードする >

コンテンツへのリンク

『研究開発を変える イノベーションによる成長戦略の実践』を出版

2020年1月15日

日本の研究開発の課題を解決する一冊

低成長が続く日本。科学技術面での世界的地位の低下も危惧されています。事実、研究開発予算は増えていません。本書は日本企業の研究開発部門の取り巻く環境や課題、問題解決法を示しています。

info20200115.png

Amazon購入ページへ >

書名

研究開発を変える イノベーションによる成長戦略の実現

著者

木村壽男
日本能率協会コンサルティング  シニア・コンサルタント

判型

A5判276ページ

発売

同友館 2020/01/09

価格

本体2,700円+税

主要目次

第1章 研究開発は変わる必要があるのか

1 研究開発をみる4つの視点
2 研究開発は信頼されているか
3 研究開発のあり方を変える
4 研究開発が目指すもの

第2章 研究開発を診断する

1 研究開発の「生産性」を診断する
2 研究開発の「活力」を診断する
3 研究開発の革新方向を定める

● 第Ⅰ部 研究開発戦略を変える

第3章 成長戦略を構想する

1 今、求められる成長戦略とは
2 成長戦略をつくる


第4章 研究開発戦略を具体化する

1 研究開発戦略のあり方と策定ポイント
2 研究開発戦略を具体化していく

● 第Ⅱ部 イノベーションを組織的に実践する

第5章 組織的な新製品・新事業テーマの創造

1 イノベーションによる企業成長が求められている
2 組織的なテーマ創造とは
3 組織的なテーマ創造を進める

第6章 R&Dマーケティングの実践

1 R&Dマーケティングとは
2 R&Dマーケティングに求めるもの
3 R&Dマーケティングの組織的展開

第7章 オープンイノベーションの本格展開

1 なぜ、今、オープンイノベーションなのか
2 オープンイノベーションの進展と本格化
3 オープンイノベーションの類型
4 オープンイノベーションの得失と基本課題
5 産学連携の効果的な活用

● 第Ⅲ部 イノベーションを生み出す組織基盤づくり

第8章 全社技術戦略の中枢機能となる

1 技術戦略を取り巻く環境
2 今、求められる技術戦略のコンセプト
3 技術戦略の検討プロセス

第9章 R&Dテーマのマネジメントを充実させる

1 R&Dテーマ評価システムの再構築
2 R&Dテーマ推進マネジメントの高度化による成功確率の向上
3 知財マネジメントによる事業化成功確率の向上

第10章 研究人材マネジメントの革新

1 研究人材マネジメントの難しさ
2 研究人材マネジメント革新のポイント
3 事業創造リーダーの具体的育成方法
4 研究人材全体の体系的なR&Dマネジメント能力強化

第11章 革新的組織風土づくり

1 イノベーションには革新的組織風土が不可欠
2 革新的な組織風土づくりの阻害要因
3 革新的組織風土づくりの7つの成功要因

Amazon購入ページへ >

コンテンツへのリンク

モビリティの未来を描く研究会が発足 メンバーを募集中

2020年1月 8日

info20200108.png

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、業種・業界の枠を超えてモビリティの未来を描くための研究会「MOBILITY 未来デザインLAB」を立ち上げました。自動車産業が盛んな中部地区の企業を対象に、モビリティ、インフラ、サービス、エンターテインメントなどの分野で、参加者同士で新事業のアイデアを具体化していくのがねらいです。今期は3回の開催を予定しています。

MOBILITY 未来デザインLAB 開催概要

全3回の開催となります(下記)。
会場:JMAC・中部オフィスセミナールーム(名古屋国際センタービル20F)
参加料:無料
定員:10名(抽選方式となります)
申込み締切:2020年1月28日(火) 抽選結果は1月31日(金)までにEメールで連絡します

詳細および参加申込みページに行く >

第1回 アイデアの創出

開催日時:2020年2月10日(月) 13:30-17:00

主な内容:参加者自己紹介/研究会の進め方/キーワード紹介/未来都市の検討/実現課題の抽出

第2回 アイデアの選定

開催日時:2020年3月4日(水) 13:30-17:00

主な内容:アイデアの共有/アイデアの選定/ビジネスコンセプトの作成/仮想カタログの作成

第3回 アイデアの具体化

開催日時:2020年3月26日(木) 13:30-17:00

主な内容:仮想カタログの練り上げ/実現課題の抽出/今後の進め方の検討

【お問い合わせ先】

日本能率協会コンサルティング
企画営業本部 中日本センター 担当:高橋
TEL.052-561-5646

コンテンツへのリンク

【2020年5月22日開催】第24回 R&Dイノベーションフォーラム

2019年12月24日

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)は5月22日に品川区のイベント会場で「第24回 R&Dイノベーションフォーラム」を開催します。1997年の開催以来、研究開発にフォーカスしたイベントとしては国内最大級の規模となり、毎年多数の研究開発者が参加者しています。

 今年のテーマを「R&D」×「生産性」〜時間生産性を超えるR&Dマネジメント〜とし、基調講演、先進の事例紹介、参加者同士のディスカッションなどを通じて、本テーマを模索していきます。

R&Dイノベーションフォーラム開催概要

開催日時:2020年5月22日(金) 10:00〜19:00 受付開始9:30
会場:東京コンファレンスセンター・品川
参加対象:研究・開発・設計・事業企画・商品企画などに携わる経営幹部、マネジャー、スタッフ
参加料:39,600円(消費税込)
定員:300人
※プログラムの詳細が決まり次第、ご案内いたします。

昨年度の内容を見る >

事前メール登録のご案内

事前メール登録をした方に、R&Dイノベーションフォーラム」詳細情報をタイムリーにお送りします。
詳細情報を公開次第、ご登録いただいたメールアドレスにお知らせします。
※イベントへの正式申込ではございませんのでご注意ください。

コンテンツへのリンク

令和元年度「儲かる農業を実現する」農業ICT活用事例セミナーを全国5会場で開催

2019年12月10日

info20191210m.png

日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、農林水産省 平成31年度(西暦2019年度)持続的生産強化対策事業のうち、生産体制・技術確立支援事業(ICT導入効果の分析・情報発信)のなかで「儲かる農業を実現する」農業ICT活用事例セミナーを以下とおり、全国5地域で開催いたします。


農業経営の高度化、儲かる農業を実現するためにICT機器・サービスをどんな観点で導入して活用するか、またそのメリットや課題、具体的な成果事例などを、生産者の実際の取り組み事例をもとに講演いたします。

また、多くの農業生産者、県の推進責任者、普及指導員、提供ベンダーといった方々が来場されますので、システムの特性、導入および活用等に関する闊達な意見交換が行われることを期待しています。

「儲かる農業を実現する」農業ICT活用事例セミナー 開催概要

開催協力:農林水産省生産局、宮城県庁、秋田県庁、富山県庁、岐阜県庁、広島県庁

①富山県開催

日程 :2019年12月14日(土)11:00-
会場 :富山産業展示館(テクノホール)
プログラム:「農業経営における農業ICTの導入事例と効果的活用視点」
同時開催:アグリチャレンジ2019 ~担い手ICT農業機械展示会

アグリチャレンジ2019のパンフレットを見る >

②宮城県開催

日程:2020年1月16日(木)13:00-16:30
会場:せんだい農業園芸センターみどりの杜 研修室

プログラム

1 講演「農業ICTの経営データを活用した儲かる農業を実践するために~全国の活用事例から見えてきたこと~」
   講師 JMAC シニア・コンサルタント 今井一義

2 事例報告 経営・栽培データの活用事例紹介
   (1) (株)一苺一笑 代表取締役 佐藤拓実氏
   (2) (有)アグリードなるせ 佐々木和彦氏

3 パネルディスカッション
  テーマ「ICTを活用して記録したデータをどのように経営改善に活かすべきか(仮)」

4 情報交換会
   ICTシステム及びスマート農業関連機器メーカー・企業と個別相談
   ※会場: ICT活用機械・機器展示会会場【別室:同時開催】
        12時30分~16時30分の間,自由に参加できます。

詳細・申し込みのページに行く>

③秋田県開催

日程:2020年2月6日(木)13:00-
会場:秋田市内セミナー会場
プログラム
・挨拶 本事業の狙い (農林水産省、県等)
・講演 農業ICTの導入・活用事例、活用成果の紹介
・議論 パネルディスカッション(生産者、普及員、ベンダー)
・交流 参加者へのサービス紹介、ブースによるサービスPR など

④岐阜県開催

日程:2020年2月中旬~下旬
会場:岐阜市内セミナー会場
プログラム
・挨拶 本事業の狙い (農林水産省、県等)
・講演 農業ICTの導入・活用事例、活用成果の紹介
・議論 パネルディスカッション(生産者、普及員、ベンダー)
・交流 参加者へのサービス紹介、ブースによるサービスPR など

⑤広島県開催

日程:2020年3月2日(月) 13:30-16:30
会場:サテライトキャンパスひろしま 501
プログラム
・挨拶 本事業の狙い (農林水産省、広島県)
・講演 農業ICTの導入の効果 (JMAC)
    活用事例の紹介 (株)vegeta 谷口浩一 様
・議論 パネルディスカッション(生産者、普及員、ベンダー)
    生産者 (株)vegeta 谷口浩一 様
         合同会社 穴ファームOKI 沖貴雄 様
・交流 参加者へのサービス紹介、ブースによるサービスPR など

詳細・申し込みのページに行く >


■本件のお問い合わせ先

日本能率協会コンサルティング(JMAC)
農業ICT普及推進事業 事務局 寺脇 悟 あて
E-mail:aict_jmac@jmac.co.jp

コンテンツへのリンク

【開催案内:2020年2月12日〜14日】スマート工場EXPOに出展します

2019年12月 1日

info20190809.png

日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、2020年2月12日(水)〜2月14日(金)に東京ビッグサイトで開催されるIoT/AI/FAによる製造革新展である「スマー工場EXPO」(リード エグジビジョン ジャパン主催)に出展いたします。

IoT導入で改善が変わる/改善を変える!
日本能率協会コンサルティング(JMAC)ではIoT導入に効果的・効率的に役立つ7つの視点を「IoT7つ道具®」としてご紹介をしています。製造業における現場改善、生産性向上を支援してきた日本能率協会コンサルティングだからこその解決方法が見つかります。

第4回スマート工場 EXPO -IoT/AI/FAによる製造革新展-

開催日時:2020年2月12日(水)~2月14日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会 場:東京ビッグサイト(リンク:https://goo.gl/maps/ivfARnwGfWxEZE2F6)
主 催:リード エグジビジョン ジャパン

JMAC出展ブース:番号26−36

展示会招待券(無料)の申し込みについて詳しく >

コンテンツへのリンク

ゆるいつながりで相互に成長 「関西ゆるネット」メンバー募集中

2019年11月21日

info20191121_eye.png

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)関西オフィスは、企業経営者・幹部のためのビジネスネットワーク「関西ゆるネット」の交流メンバーを募集しています。登録は無料。

 主に中堅・中小企業を対象し、メンバー同士の「ゆるい」つながりで、事例交流会や勉強会を通じて、相互に刺激を受けつつ成長していくことがねらいです。メンバー登録の特典として、『日本企業の経営課題2019』(A4判約100頁)を進呈中です。ぜひご登録ください。
 

交流メンバー登録ページへ >

「関西ゆるネット」のパンフレット(PDF)を見る >

コンテンツへのリンク

【復旧しました】JMAC China /J-BUNDホームページの通信障害について

2019年11月19日

JMAC海外拠点:JMAC Chinaのホームページの通信障害が復旧しました(2019年11月19日現在)。

JMAC海外拠点:J-BUNDのホームページの通信障害が復旧しました(2019年11月18日現在)。

JMAC海外拠点:JMAC ChinaおよびJ-BUNDのホームページは通信事情によりアクセスしにくくなっております(2019年11月1日現在)。

コンテンツへのリンク

No challenge , No Change --JMAC全社会議を開催--

2019年11月 4日

info20191104_01.png

info20191104_02.png2019年10月25日(金)、JMAC全メンバーによる全社会議(通称:合同G)をユナイテッドシネマ豊洲で開催、大スクリーンを背景にして劇場型の「魅せる会議」を実施しました。

2018年度から開始した中期計画の折り返し地点であり、また2020年に株式会社としての設立40周年という節目の年を迎えるにあたり、いつも以上の盛り上りを見せました。

とくに「No challenge , No Change」と題した、若手コンサルタントらのプレゼンテーションでは、彼ら一人ひとりの想いが素直に表現され、JMACの社員だけでなく、外部から参加いただいたクライアント、提携先や就活生からも賞賛の言葉をいただきました。

2020年代に向けていくつもの挑戦が始まります。乞うご期待ください

コンテンツへのリンク
1 2 3 4 5 次へ