採用情報

閉じる
生産管理のべからず集

【003生産管理概論】 生産管理の種類

生産管理の種類を大別すると2つになる。受注生産と見込み生産である。特性に応じた業務プロセスの設計が重要となる。

ねらい:経営目的の実現
キーワード:見込み生産、受注生産

見込み生産と受注生産

 生産のきっかけが、受注(オーダー)によって始まるのか否かにより、受注生産と見込み生産に区分できる。
 受注生産は、受注の都度生産し、完成品は即、納品するので製品在庫は持たない。
 見込み生産は、不特定多数のお客様の需要を見越して生産し、製品在庫を持って注文に応じる生産形態である。受注の都度、在庫を引当て即納する。
 製品の仕様という見方からすれば、受注生産のものは受注品(オーダーメイド)、見込み生産のものは既製品(レディメイド、標準品)と区別するが、これはあくまで最終製品の尺度である。受注品であっても、構成部品、材料等の段階で、他製品にも適用(共通化)できるものになっていれば、そのアイテムは見込み生産化することが可能となる。
 一般的な適用業種としては、個別受注生産の場合、造船、プラント、住宅、工作機械、個別仕様の各種部品などが挙げられる。
 また、見込み生産の場合、自動車、輸送機器、電機、食品などの消費財、それに、生産財でも鉄鋼、石油化学などの量産品などに適用される。

 見込み生産では、製品在庫をいかにうまく持つか、製品在庫をどのように活用するかがポイントとなる。その意味では、見込み生産の生産管理は、在庫管理そのものであるといえる。製品在庫のあり方を中心として、需要予測、新製品立上がり管理、生産計画・指示、進度管理のあり方など、各機能をうまく連結させることが重要である。
 受注生産では、まず顧客からの受注の前に、引き合い、見積もりが行われ、その後正式に受注する。作業指示や部品手配、進度は、製番(製作番号)により管理される。

seisankanri_003_01.png

知恵ぶくろ・べからず集トップ