【開催報告】「KIフォーラム2021」を開催 キヤノンとTISの取り組みを紹介

2021年12月 7日

KIロゴ

日本能率協会コンサルティング(JMAC)は2021年11月11日、下記の内容で「KIフォーラム2021~明るく、すっきり、スムーズに~」をオンラインで開催、最新のKI取り組み事例が紹介されました。

KIフォーラム2021(2021年11月11日開催)

◯主催者挨拶
JMAC 小澤勇夫(代表取締役社長)

◯KI表彰

◯明日の職場づくりに向けて
JMAC 星野誠(R&D組織革新・KI推進センター センター長)

◯KI講演:KIという生産性向上/組織風土改革活動の取り組みのエッセンス(胆)
JMAC 中村素子(R&D組織革新・KI推進センター シニア・コンサルタント)

◯事例講演1:CKI活動の今までとこれから
キヤノン株式会社 橋本浩一 氏(人事本部 人材・組織開発センターCKIコンサルティング部 部長)

◯事例講演2:最高の働き方を最高のチームで!-リボン(re:Born KI)でつなぐココロと仕事-
TIS株式会社 清水育夫 氏(執行役員 品質革新本部長)
TIS株式会社 松崎美保 氏(品質革新本部 エンハンスメント革新部 主査)

◯質疑応答・まとめ

フォーラム終了後にJMAC屋上で
フォーラム終了後、東京・港区のJMAC本社屋上で。写真右からキヤノン・橋本浩一 氏、TIS・松崎美保 氏、清水育夫 氏、JMAC・小澤勇夫、中村素子、星野誠

KIの志に基づき、自社の組織風土や、職場の仕事の進め方の変革にチャレンジした企業の最新事例を通して、学びあうこととがねらいです。講演者と多くの参加者が一緒になって、これからの時代の職場づくりについて深く考えることができ、学びの多い一日となりました。

参加者からは、「長年継続されていることがすばらしい」「熱心さが発表から伝わってきた」「具体的な事例でたいへん勉強となった」などの高い評価をいただきました(開催後のアンケートより)。

また、長年のKI普及の貢献と模範となる取り組みに感謝の意を表し、キヤノン、TISの2社を表彰し、感謝状として記念の楯を贈りました。

KI表彰 キヤノン株式会社

info20211207_canon.jpg
写真右=キヤノン・橋本浩一 氏


表彰理由:1999年にKIを導入以降、自社の精神と融合して自社に合う形にKIを仕組み化し、継続して活動。CKIといったKIの専門部隊も組織化され、グループ会社にも大規模で展開しています。その継続と仕組み化については、KIを自走して活動している多くの会社の模範、手本となっています。

KI表彰 TIS株式会社

info20211207_tis.jpg
写真右=TIS・清水育夫 氏

表彰理由:1996年にKIを導入以降、3社合併などによる会社規模の拡大、組織の融合があったときにもKIを活用してきました。今はリモートワーク時代への進化を遂げようとしています。JMACも常に同社の拡大と進化に伴走し、一緒に成長してきました。現在チャレンジしているリモートワーク時代の職場づくりについては、これからのKIの一つの方向性を体現しています。

次回の開催は2022年11月ごろを予定しています。

関連情報へのリンク

技術KI®知識集約型スタッフの生産性/創造性向上プログラム

デジタルKIプロジェクト成果創出プログラム

技術KI®による組織変革と人材育成