JMACが考える人事部の未来とは 「労政時報」4000号(9/25発刊)に記事掲載

2020年9月25日

労政時報4000号『労政時報』第4000号(2020年9月25日発行:労務行政刊)に、村上剛(チーフ・コンサルタント)の記事「One to Oneマーケティング発想で切り拓く新しい人材マネジメント」(記事構成は下記)が掲載されました。

4000号の特別企画として、大手コンサルティングファームならびにシンクタンク12社の専門家が登場。10年後を見据えて、人事部を取り巻く変化やそれら課題への対応、新たに取り組むべきテーマなど「人事部の未来」を提言しています。

「One to Oneマーケティング発想で切り拓く新しい人材マネジメント」記事構成

1 人事部門を取り巻く環境と対応

  1. 中長期的な環境変化と対応
  2. 世の中に見る新型コロナウイルスの感染拡大 の影響と対応
  3. 調査結果から見る新型コロナウイルスの感染 拡大の影響と対応

2 ニューノーマル時代の職場マネジメントと人事部門の対応方向

  1. 職場マネジメントの対応方向
  2. 人事部門の対応方向

3 今後の人事部門に求められる 3 One to Oneマーケティング発想

  1. One to Oneマーケティング発想
  2. One to One人事制度

4 One to Oneマーケティング発想による今後の取り組みポイント

  1. ビジネス・オリエンテッドによるライン部門支援
  2. HRテクノロジーの積極的な活用
  3. 従業員のウェルビーイングの追求

掲載誌の購読は「労政時報」のサイトで >