「ものづくりシニア人材活躍・活用 社会実証実験」を開始

2021年11月11日

atrae_senior_bannar.jpeg

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、ものづくり改善ネットワーク、アトラエと3者共同で、シニア人材がその経験やスキルを存分に活かし、企業の壁を越え、生きがいをもって働きつづける社会に向けたプロジェクトを開始します。

 具体的には、製造業にて多様な経験を有する"ものづくりシニア人材"を主対象に、それを必要とする企業・自治体・金融機関・業界団体などと協力して、経験とジョブをマッチングさせる社会実証実験を実施します。

 ものづくり経営研究の第一人者である藤本隆宏氏(早稲田大学教授、東京大学名誉教授、MKN代表)の監修のもと、人と人とのリアルコミュニケーションにAI・デジタル技術を融合したユニークなネットワークによって、より少ない運営コストでより幅広いマッチング機会を創出することで、下記のねらいに向けて活動していきます。

ねらい① 生きがいを持って働き続けるシニア人材が増大する

ねらい② 経験・スキルを持った人材不足に悩む企業が、シニア人材を有効に活用し課題解決を図る

ねらい③ 高齢化最先進国である日本ならではのモデルで、人材活性化・最適化につなげる

本件のニュースリリースを読む >

  本プロジェクトについて詳しく >