JMAC流スマートファクトリーで日本のものづくりの復権を

2021年4月23日

forbes_info20210428.jpeg

米国の経済誌『フォーブス』の日本語版ホームページに、今関心が高まっているスマートファクトリーの導入、構築についての取材記事が掲載されました。石田秀夫(取締役 シニア・コンサルタント 写真右)と毛利大(シニア・コンサルタント)が、JMAC流「スマートファクトリー」を語っています。

かつてほどの勢いが感じられない日本のものづくり。その復権への道のりには多くの課題が待ち受けています。創業以来日本の製造業に寄り添い、改革を支援してきたJMACは、課題解決のカギは正しいスマートファクトリーの導入・構築にあると考えています。詳しくはフォーブス・ジャパンの記事をご覧ください。

フォーブス・ジャパンの記事を読む >

スマートファクトリー関連ページ

▶︎JMACが提唱するスマートファクトリーコンセプト「TAKUETSU-PLANT」

▶︎JMACが提唱する「次世代工場」の完成図