• TOP
  • お知らせ
  • NEWS&TOPICS
  • 工場「デジタルリノベーション」スマートファクトリー化支援プログラムをリリース

工場「デジタルリノベーション」スマートファクトリー化支援プログラムをリリース

2021年12月 6日

smart_factory2021_big.png



日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、モノづくりDX支援の一環として、既存工場のスマートファクトリー化支援のための「デジタルリノベーション」プログラムをリリースいたしました。

製造機能が「スマートファクトリーとして経営に果たすべき役割」をまずはとことん議論し「目指す姿」を描く事。デジタルテクノロジーやツールが日進月歩で出現する中で、IoT7つ道具コンセプトで構築されたベンダーネットワークを活かして賢くツール選択を行い、いまある工場のポテンシャルを最大限引き出す事。それが「デジタルリノベーション」プログラムの目指すものです。

JMACは工場のデジタルリノベーションへの取り組みを3つのコンセプトで支援します。

① 現場発のスマートファクトリー
② ツール導入・セットアップ・運用定着までワンストップ支援
③ スマートファクトリーを「育てる」という新たな視点

本件のニュースリリースを読む >

  本プロジェクトについて詳しく >