お知らせ(2020年)

【お知らせ】令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業 成果発表動画、生産性向上事例集を配信します。

2020年4月 6日

今年度の「令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業 先進事例セミナー~先行技術導入と工場カイゼンの先進事例から学ぶ、食品製造業の生産性向上の勘どころ~」について、全国各地の会場で報告発表のセミナーを開催する予定でしたが、新型コロナウィルス感染防止対策として開催を中止しましたため、動画を配信いたします。

基調講演を含み、15コンテンツの配信を行っております。各社の創意工夫を凝らした取り組みが非常にわかりやすく発表されていますので、自社の生産性向上活動の一助としてお役立てください。

※本資料に関する著作権、商標権、意匠権等を含む一切の知的財産権は、発表企業およびJMACに帰属しています。
※本映像の一部又は全部を、複製、転載、転用、翻案、放映することは禁止されています。

先進事例を動画で見る >


なお、『令和元年度版 食品製造業 生産性向上事例集』についても、電子ファイルにて配信をいたします。本事例集は、今年度の事業と世の中の先進的な取り組みを事例を、収集しまとめたものです。
先進的な設備導入や改善活動を進めるうえで、どのような課題のもと、取り組み工夫を行ったかをご紹介していますので、ぜひ、ご活用ください。

動画を視聴いただいたうえで、アンケートにお答えいただくと、回答受付メールとあわせて、無料ダウンロードのご案内が届きますので、そちらもぜひご参照ください。

無料ダウロードを案内したアンケートのページに行く >

お問い合わせ

令和元年度(平成31年度) 食品産業イノベーション推進事業 事務局 寺脇、伊藤
31koubo_jmac@jmac.co.jp

コンテンツへのリンク

【お知らせ】新型コロナウイルス肺炎および感染症等に関するJMACの対応について

2020年3月31日

2020年3月31日改訂
2020年3月26日改訂
2020年2月19日

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響、および政府からの「多数の方が集まるイベントの中止・延期または規模縮小等の対応」の要請を受け、以下の方針に基づき小規模なセミナー等を実施して参ります。今後政府・都道府県等からの方針を受け、セミナー開催中止および打ち合わせの取りやめ等の判断をする場合は、HPおよびメールにて告知とともに、お申込者様・ご来社予定者様に個別にご連絡を申し上げます。

<ご来場・ご来社について>

1)以下に該当される方はご来場・ご来社をお控えいただけますようお願い申し上げます
・37.5度以上の発熱のある方、および咳など感染の"疑い"のある症状の方
・1か月以内に感染陽性者との接触歴がある方
2)手指の殺菌消毒、手洗い、うがい、咳エチケットの励行をお願いいたします
3)来社およびセミナー中に体調が悪くなった際は、必ず事務局にお申し出ください
4)マスクの着用をお願いいたします

<セミナールーム・応接室について>

お客様ならびに従業員の健康と安全を考慮して下記を実施しております
1)エレベーターフロア、セミナールーム入り口にアルコール消毒液の設置
2)セミナー開始前後、休憩時間等、扉を開けて換気の実施
3)講師・事務局等従業員のマスク着用の実施

<弊社内対応について>

政府・都道府県等からの発表に基づき対応をしております
1)出勤時・外出後の入室前の手洗い・うがい、咳エチケットの励行
2)お客様ならびに従業員の健康と安全を考慮した、従業員のマスク着用の推奨
3)在宅勤務および時差通勤の実施(※)
4) 出社前の検温義務付け、および37.5度以上の発熱等の体調不良時の出社の禁止

※弊社では各自治体の要請により、当面4月12日まで原則在宅勤務を実施しております。お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願いいたします。

コンテンツへのリンク

「第24回R&Dイノベーションフォーラム」(5月22日)開催延期のお知らせ

2020年3月30日

 日本能率協会コンサルティングは、2020年5月22日に予定しておりました「第24回 R&Dイノベーションフォーラム」の開催を延期いたします。
 開催時期ならびに内容・方法につきましては、決定次第あらためてホームページ等でご案内いたします。ご予定いただいておりました皆さまには、たいへんご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申しあげます。

【開催延期】
「第24回R&Dイノベーションフォーラム」
(会期:2020年5月22日 会場:東京コンファレンスセンター・品川)

本件のお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。

お問い合わせフォームへ >

コンテンツへのリンク

令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業 成果発表の動画配信を行います。

2020年3月30日

 今年度の、令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業 先進事例セミナー~先行技術導入と工場カイゼンの先進事例から学ぶ、食品製造業の生産性向上の勘どころ~が中止となりましたので、成果発表は動画にて配信させていただくことなりました。

 配信予定は、2020年4月7日を予定しています。

 また、『令和元年度 食品製造業 生産性向上事例集』についても、同サイトからPDFダウンロードしていただく予定です。

No.企業名・テーマ名

1.国立研究開発法人産業技術総合研究所 人工知能センター
  副研究センター長 谷川 民生様 AI技術紹介と食品業界への展開の可能性

2.株式会社日本能率協会コンサルティング
  チーフ・コンサルタント 島崎 里史 食品製造業における生産性向上のポイント

3.株式会社山神
  フライ製造「手包み感覚」自動化およびHACCP基準の容器洗浄機の導入による生産性向上

4.株式会社高浜
  カニカマトレー品搬送ラインの自動搬送化

5.株式会社マルハチ村松
  製造現場の紙帳票電子化による生産性向上

6.株式会社トミイチ
  自動南瓜ヘタ取り機導入による労働生産性向上

7.東町漁業協同組合
  養殖ブリのフィレ加工工程の省力化、省スペース化及び単価向上をめざした複数工程での生産性向上活動

8.株式会社ジョイアス・フーズ
  中皿閉め工程の自動化による生産性向上

9.キユーピー株式会社
  AIを活用した原料検査装置のエンハンス~原料の安全・安心を世界へ~

10.株式会社恵那川上屋
  栗ペースト加工ライン生産性向上

11.株式会社大和
  食品製造ラインの生産性向上

12.株式会社ネクストワンジャパン
  製造現場の工程改善・作業改善による労働生産性向上

13.高田食品工業株式会社
  需要変動の吸収を目的とした補充生産方式の導入による醤油加工品製造ラインの生産性向上

14.大関食品株式会社
  原料処理(前処理工程)の生産性アップの為のライン最適化

15.マルユー株式会社
  厚焼玉子生産性向上プロジェクト

お問い合わせ

令和元年度(平成31年度) 食品産業イノベーション推進事業 事務局 寺脇、伊藤
31koubo_jmac@jmac.co.jp

コンテンツへのリンク

【NewsRelease】金属プレス製造の島田製作所に出資

2020年3月27日

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、株式会社島田製作所(本社:茨城県常総市・代表取締役社長:中西隆之)への出資を決定しました。
 

 JMACは、金属プレス製造の島田製作所に出資し、同時に取締役および改善推進担当を派遣するハンズオン型の経営支援を行います。製造業でのコンサルティングノウハウを活かし、出資によるハンズオン型経営支援のモデルケースとして展開していきます。

 詳細をニュースリリース(PDF)で読む >

コンテンツへのリンク

JMAC WEBトレーニング「Jwebトレ」サービスを開始。オンラインで研修を受けられます。

2020年3月11日

 新型コロナウイルスの流行もあり、新年度における新人研修・階層別研修の企画を立てにくくなった、想定していた研修の実施を延期しなくてはならない、そんなお悩みを抱えている研修事務局の方からの相談が増えています。
 このほどJMACでは、従来お客さまのご要望により個別に対応していたWEBを活用した研修について、さらなるニーズに応えるためにJMAC WEBトレーニング「Jwebトレ」としてオンライン研修サービスを開始しました。

■課題/悩みごと

●受講生の集合研修時間が確保できない
●受講生が海外や地方勤務、リモートワークなどで集合研修ができない
●対象受講者数が多いため、集合研修を企画しにくい

 JMACの研修の特徴は、コンサルティングの現場で経験と知見を積んだ現役のコンサルタントが研修実施の背景・課題やゴール感をヒアリングしながら、お客さまの業務・業態・業界にマッチした研修企画を提示することです。
 この特徴をそのまま生かし、JMACのリモート研修サービスにおいても、お客さまのネット環境、ニーズに対応しながら、最適なWEBトレーニングを組み立てます。
 パッケージ型ではないからこその双方向型コミュニケーションを主軸に置いたコンサルティング研修の醍醐味をリモートで提供します。

JMAC WEBトレーニングについて詳しく >

コンテンツへのリンク

【Business Insight Vol.72発刊】特集:ものづくりのトランスフォーメーション  デジタルとリアルの新結合

2020年3月 3日

VOL72.png 日本能率協会コンサルティング(JMAC)が発行する『Business Insights』Vol.72(2020年2月)をWEB公開しました。

 本誌はJMACが発信するビジネス情報誌で、JMACによるコンサルティングの最新事例などを掲載しています。

 本号では、ものづくりのトランスフォーメーションをメインテーマに、JMACが支援したものづくり企業の最新事例、スマートファクトリーを構築する際の視点、JMAC生産技術幹部交流会の座長・新美篤志氏(株式会社ジェイテクト アドバイザー)のインタビューを掲載しています。

Business Insights Vol.72をWEBで読む >

Business Insights Vol.72 目次

Keynote

ものづくりのトランスフォーメーション デジタルとリアルの新結合
編集部

Monozukuri_Case01

サントリーホールディングス株式会社
ものづくりを支えるスキルを高める仕掛け

Monozukuri_Case02

佐賀エレクトロニックス株式会社
ダントツ工場に挑戦する全員参加のものづくり活動

Monozukuri_Case03

コニカミノルタテクノプロダクト株式会社
TPM推進に生かすデジタル化成功の鍵

Monozukuri_Case04

富士製薬工業株式会社
コストの見える化により 工場全体で10億円の削減に成功

New Smart Factory

新工場建設推進プロジェクト
JMACが提唱する「次世代工場」の完成図
毛利 大(JMAC)

Special Interview

既成概念にとらわれず 自らを突破するものづくり
株式会社ジェイテクト 新美篤志 氏
聞き手:石田秀夫(JMAC)

Business Insights Vol.72をWEBで読む >

バックナンバーを見る >

コンテンツへのリンク

【春節テトセミナー開催報告】リアルなアジアを7人のコンサルタントが語る! セミナー資料の無料ダウンロードも

2020年2月 6日

info20200206main.JPG

日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、去る1月29日に都内のセミナー会場で「JMAC春節テトセミナー 〜アジアのサプライチェーン モノの流れと人の流れが変わり始めた〜」を開催しました。

ググっても聞けないリアルなアジアを、現地で活躍するコンサルタントが現状の分析と課題を報告しました。

当日のセミナーのダイジェストおよびセミナー資料無料ダウンロードをご案内したページを公開中です。ご興味ある方は、ぜひご活用ください。

開催報告のページに行く >

コンテンツへのリンク

【お知らせ】令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業 先進事例セミナー~先行技術導入と工場カイゼンの先進事例から学ぶ、食品製造業の生産性向上の勘どころ~を開催

2020年1月29日

info20200129.png

新型コロナウィルス感染予防対策のため、本セミナーは、全会場とも開催中止となりました。
以下のサイトから、報告発表動画を視聴することができます。

報告発表の動画を見る >


このたび日本能率協会コンサルティング(JMAC)では、令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業の一環として、以下のセミナーを全国6会場で開催します。

食品製造業では、多品種少量生産、素材特性や規格の標準化のしにくさ、手作業の多さなどから、低い労働生産性が課題となっています。
本セミナーでは、今年度の農林水産省の生産性向上事業において採択された先進事例を紹介します。
ロボット化、ICT・AI活用などの先行技術の導入や、専門家による現場改善のコンサルティングを受け、生産性向上に成功した事例を紹介するとともに、そこから見えてくる食品製造業における生産性向上のヒントを提供します。

ご参加の方には、食品製造業での取組み事例をまとめた『食品製造業 生産性向上事例集』を差し上げます。
また、生産性向上の活動を後押しする、来年度(令和二年度)の農林水産省の補助金などのご案内も予定しています。

貴社で生産性向上の取組みを具体化していただくチャンスです。全国6か所での開催する無料セミナーですので、ふるってご参加ください。

※写真は昨年度のセミナーの様子


セミナー概要

令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業 先進事例セミナー 
~先行技術(ロボット化、IOT・AIなど)導入と工場カイゼン事例から学ぶ、食品製造業の生産性向上の勘どころ~

プログラム

開催趣旨説明 農林水産省
・事業の目的(生産性向上の目的)
・セミナー開催の背景(食品製造業の現状)

基調講演
講演者 産業技術研究所(産総研)人工知能センター 副研究センター長  谷川民生様

「AI技術紹介と食品業界への展開の可能性」~労働生産人口減少に対するAI、ロボット技術の適用~

※基調講演は、2月26日 農林水産省会場、3月10日 FOODEX会場のみとなります。

生産性向上に関する講演 JMAC
・今年度事業の概要
・食品製造業における生産性向上のポイント

事例紹介
取組事業者①
取組事業者②
取組事業者③
・先行技術(ロボット・IOT、AI技術など)導入事例の紹介・成果発表
・業務改善コンサルティングの事例紹介・成果発表

ご案内 農林水産省  
令和2年度 推進事業・補助金などのご案内

セミナー開催日時・お申込み

時刻:13:30~16:30(13:00開場)※FOODEX会場のみ13:40~16:40

参加費:無料
※ご参加の皆様に『食品製造業 生産性向上 事例集(令和元年度版)』を差し上げます。


各会場の開催詳細は、下記のとおり。

【中止】2020年2月26日(水) ① 東京 定員:160人

農林水産省中央合同庁舎4号館 共用会議室1219号室
東京都千代田区霞が関3-1-1

【事例発表企業】 
《基調講演》産業技術研究所 人工知能センター 副研究センター長  谷川民生様
・株式会社山神(青森県青森市)
・キユーピー株式会社(東京都渋谷区)
・株式会社 大和(石川県小松市)


【中止】2月27日(木)② 名古屋 定員:70人

安保ホール 501AB
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目15ー9

【事例発表企業】
・株式会社山神(青森県青森市)
・株式会社ジョイアス・フーズ(埼玉県児玉郡)
・株式会社ネクストワンジャパン(千葉県柏市)

【中止】2月28日(金)③ 大阪 定員:130人

CIVI北梅田研修センター 507会議室
大阪市北区芝田2丁目7番18号 オーエックス梅田ビル新館

【事例発表企業】 
・東町漁業協同組合(鹿児島県出水郡)
・株式会社ジョイアス・フーズ(埼玉県児玉郡)
・高田食品工業株式会社(福岡県福岡市)

【中止】3月3日(火)④ 札幌 定員:50人

カナモトホール(札幌市民ホール)第1会議室
札幌市中央区北1条西1丁目

【事例発表企業】 
・株式会社高浜(宮城県塩釜市)
・株式会社トミイチ(北海道旭川市)
・マルユー株式会社(千葉県君津市)

【中止】3月5日(木)⑤ 福岡 定員:50人

福岡商工会議所 402会議室
福岡市博多区博多駅前2-9-28

【事例発表企業】 
・株式会社マルハチ村松(静岡県焼津市)
・株式会社Opex(東京都港区)
・大関食品株式会社(大分県宇佐市)

【中止】3月10日(火)⑥ 東京(海浜幕張 FOODEX) 定員:200人

幕張メッセ  ホール9 トレンドステージ
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

【事例発表企業】 
《基調講演》産業技術研究所 人工知能センター 副研究センター長  谷川民生様
・東町漁業協同組合(鹿児島県出水郡)
・キユーピー株式会社(東京都渋谷区)
・株式会社恵那川上屋(岐阜県恵那市)

※FOODEX会場への入場は、当日券(¥5,000)が必要となります。
詳しくはFOODEX JAPAN2020事務局へお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
令和元年度(H31年度) 食品産業イノベーション推進事業 事務局 寺脇悟
〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目1-22
日本能率協会ビル7階
Tel:080-3258-0854  Fax:03-4531-4318

コンテンツへのリンク

【開催延期】第3回 ベトナムマネジメントフォーラム デジタルでモノづくりを変える デジタル導入の第一歩

2020年1月17日

info20200117.png

【開催延期のお知らせ】

当初の日程を変更し、3月17日(火)に開催するよう準備を進めておりましたが、日本国内での新型コロナウィルスの状況も踏まえ、再度の延期の決定をいたしました。
お申込みいただいた皆様にはご迷惑おかけし大変申し訳ありませんが、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

現時点では、開催日は未定でございます。状況が落ち着きましたら、再度ご案内いたします。


日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、ベトナムの日系企業を対象に「第3回 ベトナムマネジメントフォーラム デジタルでモノづくりを変える デジタル導入の第一歩」をハノイで開催します(主催:JMAC、共催:IMTC)。

これまで喧伝されてきた、安価で豊富な労働力のベトナムの魅力が失われつつあります。人件費の上昇、高い離職率、採用難への対応、更には労働生産性の向上という課題に頭を痛めている日系企業の皆さんも多いと推察します。これらの課題を解決するカギとなるのが、属人的な仕事の仕方からの脱却に向けた、仕事の自動化・デジタル活用であると私たちは考えます。

近年、IoT、Industry 4.0、Smart Factoryなど、デジタル活用が叫ばれていますが、
「どの業務がIoTに適しているのかわからない」
「日々生じる課題に奔走しており、デジタル化が思うように進まない」
「ICT/IoTを活用するための人材が育っていない」
といった、声をよく耳にします。
自動化・デジタル化推進が課題解決のカギであるとは知りつつも、思うように取り組めない現実もあるようです。

本セミナーでは、現場の仕事の改革・改善、そして自動化・デジタル導入経験の豊富なコンサルタントが、最新の事例も交え、みなさまの職場での自動化・デジタル導入のためのカギを披露します。さらには、デジタル活用を具体的に体験する機会も設けます。ご参加により、属人的な仕事の仕方からの脱却に向けた、ヒントを得ていただくことを期待します。

終了後にささやかながら懇親の機会を設けます。みなさまの生の声をお聞きするとともに、情報交換の場としたいと思います。

第3回 ベトナムマネジメントフォーラム
デジタルでモノづくりを変える デジタル導入の第一歩 開催概要

日 時

未 定

会 場

未 定

対象・定員

主に製造業の方・先着50名

参加料

無 料

プログラム

※言語は日本語となります。

1.デジタル化・AI化・RPA化・自動化、現在の趨勢 
2.ベトナム人財の活用について
3.今後の自動化
4.自動化のレベルと自動化対象について
5.デジタル化・AI化の適応
6.まずはデジタル化・IoT化になじむところから
7.デジタル化・自動化の余地診断
8.まとめ

参加申し込み

開催が決まり次第、ご案内いたします。

担当講師

石田 秀夫
日本能率協会コンサルティング(JMAC)生産コンサルティング事業本部長
シニア・コンサルタント

大手自動車メーカーに入社し、エンジニアとして実務を経験した後、JMAC入社。生産部門および開発設計部門のシームレスな収益改善・体質改善活動を支援。事業/生産/技術/知財戦略を組み合せた次世代ものづくり/スマートファクトリー化を推進。


小野 甫
日本能率協会コンサルティング(JMAC)デジタルイノベーション事業本部
チーフ・コンサルタント
製造業のIoT化構想策定~プロセスの改革まで全般を推進。AI活用可能性検討プロジェクトなどを担当。


八谷 賢次
IMTC ダイレクター
2007年の来越から、人材育成事業に携わる。業務改革コンサルティングにて30年の実績を持ち、製造業、小売業、サービス業等での豊富な実績を経験を持つ。

本件に関するお問い合わせ

日本能率協会コンサルティング(JMAC)
ASEAN推進事業センター 中村映一
Tel: +81 (0)80 3258 0804
Email: info_global@jmac.co.jp

コンテンツへのリンク
1 2 次へ