採用情報

閉じる

お知らせ(2018年8月)

【Press Release】生産管理テンプレート「atWill Template」にJMAC監修の品質管理機能を追加

2018年8月28日

報道関係者各位
Press Release


SCSK株式会社
株式会社日本能率協会コンサルティング

生産管理テンプレート「atWill Template」にJMAC監修の品質管理機能を追加
~ 時代に合わせた品質マネジメントの高度化を目指して ~

ITサービスのSCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下SCSK)と、経営コンサルティングファームの株式会社日本能率協会コンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 亨、以下JMAC)は、SCSKが提供している生産管理テンプレート「atWill Template(アットウィルテンプレート)」に、ISOの要求事項を踏まえた品質管理機能を標準装備し、8月1日から提供開始しました。


品質管理機能の実装にあたっては、JMACのこれまでの製造業を中心としたコンサルティングのノウハウを踏まえて、実務に適用しやすいメニューを用意しました。本サービスは、生産管理業務のプロセスごとに必要な品質管理業務を設定し、システム化することで効率的な業務運営を実現します。

1.背景

昨今、品質に関わる大手企業の不祥事が多発しており、日本製品の品質の高さが失われつつあるのではないかという懸念が高まっています。これらの背景には、以下の問題があると報道されています。

  • 求められる品質基準の高度化とこれまで培ってきた品質管理のノウハウが活かしきれていない。
  • 労務費削減に向けて、人員削減や正社員から請負・派遣社員などへ製造現場の労働力が転換され、業務過多でありながら継続的な人員確保が難しくなり、経験による暗黙知の醸成が困難になっている。
  • 作業以外に充てられる時間も以前に比べて減っており、QCサークルをはじめとした小集団活動を行う会社も減少傾向にある。

こうした環境の中で、顧客の要求品質を満たす生産を行うためには、これまで現場の暗黙知として存在していたノウハウや作業のポイントを形式知化し、また定量的なデータを蓄積し、見える化を図る必要があります。さらに品質問題の事前検知や徹底した原因追究を着実に実施していくことが求められます。

2.JMACの品質マネジメントへの取り組み

JMACでは、品質保証の基本フレームとして、「基準の更新」「基準達成のための品質保証設計」「設計内容の安定的運用」を掲げています。これらの基本フレームに従い、継続的に品質向上を図っていくためには、①情報の見える化を図り、②その情報に基づき品質問題を見つけ、その問題解決を図る、③これらの活動を通じて現場を中心とした意識改革が重要です。
そのためJMACでは、その企業の現在の意識・認識を把握し、個々の問題に対してクライアントともに検討していくことで、問題解決の方法論を現場にも植えつけ、実践できるスキルの定着化を図ります。また、その企業にあった事例を盛り込んだ教育コンテンツを作成し、教育を実施しています。

3.生産管理テンプレート「atWill Template」品質管理機能および今後の展開

新たな品質管理機能として、企業全体の品質を見える化し、品質改善に向けた業務をサポートします。昨今、品質管理は製造工程だけなく、企画、設計段階から始まりトレースまで幅広い領域での管理が求められています。本機能強化では、まずは品質計画の立案から情報のデータベース化を実現し、情報の活用環境を構築します。

また、今後の展開として、お客様のニーズを踏まえたさらなる品質管理システムの提供を目指し、JMACの業務とSCSKのシステム構築ノウハウを活かした以下の実現を目指します。


(1) 検査実績の自動収集とデータ改ざん抑制(IoT連携)
(2) 検査の最適化(AI連携)

■生産管理テンプレート「atWill Template」について

これまで長年培ったノウハウから、製造業に必要な業務機能を「テンプレート」として備え、企業独自の強みを活かした変化に強いシステムをスピーディーに構築します。
さらに、高速開発ツールを利用しプログラムレスでオリジナル機能を追加し、業務に合わせた生産管理システムを短納期・低コストで提供します。

生産管理テンプレート「atWill Template」について詳しく >

セミナー情報

日本能率協会コンサルティングおよびSCSK共同主催の「今、求められる生産管理のあり方と改革に向けた要諦セミナー」を2018年9月21日に開催します。

本セミナーについて詳しく >

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

SCSK株式会社
製造システム事業本部 営業第一部 永野
Tel:03-5166-2233

株式会社日本能率協会コンサルティング
企画営業本部 安本
Tel:03-4521-4316


【報道関係お問い合わせ先】

SCSK株式会社
広報部 高野
Tel:03-5166-1150

株式会社日本能率協会コンサルティング
広報担当 豊島
Tel:03-4531-4307

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

本件のプレスリリース(PDF)をダウンロードする >

コンテンツへのリンク

【メルマガ記事追加】辻本 靖(チーフ・コンサルタント)が説く要因解析で心がける思考方法3つのポイント

2018年8月15日

info20180815s.png

メールマガジン「品質保証/Quality Management」に、新たに辻本 靖(チーフ・コンサルタント)の「プロフェッショナル意識を持って、不具合の真因追求に取り組む」を追加しました。

不具合の要因解析における思考方法を3つのポイントに整理して、わかりやすく解説しています。
Point1:「なぜなぜ」の前に「なになに」
Point2:「場当たり的調査」の前に「要因仮説の洗い出し」
Point3:事実、解析(調査)結果に基づく要因の絞込み

メルマガ本文を読む >

JMACのメールマガジンを申し込む >



コンテンツへのリンク

松本賢治(シニア・コンサルタント)が生産・物流現場のIoT活用をテーマにしたセミナーの講師を担当します

2018年8月13日

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)の松本賢治(シニア・コンサルタント)は、9月14日開催の公開セミナー「スマートファクトリー実現のカギは物流だった!」(主催:ヤマトシステム開発)で講師を担当します。

開催概要

スマートファクトリー実現のカギは物流だった!~製造業様向けセミナーin関西ゲートウェイ~

主催:ヤマトシステム開発
日時:2018年9月14日(金)10:30〜16:00(開場10:00)
会場:関西ゲートウェイ(大阪府茨木市松下町1番1)
参加料:無料(定員100名 申込み多数の場合は抽選)

プログラム

【第1部】IoTが製造業の未来を変える~デジタル活用が変える生産・物流現場~
 講師:松本 賢治(JMAC 執行役員 デジタルイノベーション事業本部長 シニア・コンサルタント)

【第2部】物流ソリューションサービスの紹介
 講師:橋本 誠司(ヤマトシステム開発 物流改善推進 マネージャー)

【第3部】ヤマトグループ総合物流ターミナル "関西ゲートウェイ"施設見学
 通常の見学コースではお見せしない、ヤマトグループのバックヤードもご覧いただきます

セミナーパンフレット&申込み用紙をダウンロードする >

WEBから参加を申し込む >

コンテンツへのリンク

『生産財マーケティング』に小田哲(チーフ・コンサルタント)のインタビュー記事が掲載されました

2018年8月 1日

掲載媒体:生産財マーケティング 2018年8月号

【記事タイトル】

5:識者に聞く
「飛躍的な生産性向上にIEは必須 ムダの徹底排除を」

特集: 受注2兆円時代の幕開け

~FA各社の生産戦略~

インタビュイー:小田 哲(チーフ・コンサルタント)

201808_seisanzai0.25.png

『生産財マーケティング』について詳しく >

コンテンツへのリンク
1