お問い合わせ

ロジカルシンキング(logical thinking)

 思考や議論の筋道、あるいは推論の運び方がしっかりしていて、前提や事実と主張との関係が明確な思考方法をいう。
 たとえば、クリティカルシンキング、演繹法、帰納法、議論分析モデル、ピラミッドストラクチャー、フレームワーク、PREP法、ロジックツリー、仮説思考などの技法が有効とされる。
 身につけるメリットとしては、
①筋道を立てて相手にわかりやすく伝えることができる
②主張に対する根拠が客観的で、かつ漏れやダブり、飛躍などがなくなり、相手に対する説得力が高まる
③相手の主張の妥当性を検証できる
などが期待できる点である。
 コミュニケーション能力を高められ、さらには構造的にものごとを考えられることで、問題解決力や戦略立案力などにも寄与する。

(文責:佐伯 学 シニア・コンサルタント)