お問い合わせ

初工程投入後は必要以上にモノを動かすべからず

  • 物流のべからず集

 マテハンは生産現場の生産性を阻害する要因となる。マテハンを最小化するためには、建屋や設備のレイアウトを見直し、ハード面での対策を実施することが有効である。

ねらい:動線最適化

キーワード:レイアウト、マテハン

マテハンが現場の生産性を低下させる要因

 生産・物流拠点内における原材料・仕掛品・完成品のすべての移動に関わる取扱いを「マテリアルハンドリング(通称マテハン)」と言います。これは物流機能を支え、円滑に機能させるための重要なサブシステムです。

 しかし、生産の側面から見ると、「ものを取り置く」「次工程へものを運ぶ」といった作業は現場の生産性を阻害する大きな要因でもあります。生産現場におけるマテハン作業は、加工や組立など、価値を生み出す作業に付随的に発生するロスと位置付けることができます。したがって、生産現場においては、ものの運搬や取置きを最小化し、作業者が真に価値を生む作業に集中できる環境を作ることが重要です。

ものの動きを最小化するレイアウト設計を

 フォークリフトやコンベアに代表されるように、マテハン作業を効率的に実施するための機器はいろいろ開発されています。マテハン機器を有効に活用するもの一手ですが、マテハン作業そのものをなくすためにはどうすればよいでしょうか。
 なぜマテハン作業が発生するのかを考えると、「建屋が離れているから」「使う設備が遠いから」といった建屋配置や設備レイアウトに依存するところが大きいのではないでしょうか。つまり、マテハン作業を最小化するためには、建屋や設備のレイアウトを改善し、ハード面での対策を実施することが最も効果的です。

  • 動線が長くなっている
  • 人の流れ・ものの流れが入り組んでいて、動線が錯綜している
  • あまり使われていない設備や保管棚にスペースを使っている
  • 頻繁に使う設備や棚が近くに配置されていない、不便な場所にある

 このようなことは発生していないでしょうか。
 現状レイアウトにおいて近づけるべき箇所が近づいて配置されているか(近接性)を評価し、改善可能な範囲を明確化した上で、ものの移動距離が最も短くなるレイアウトに改善することが重要です。

職場間近接性評価buturyuu_015.png



オピニオンから探す

研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

  • 第25回 “不確実性”を前提としたプロジェクトマネジメントをすべし

イノベーション人材開発のススメ

  • 第6回 イノベーション人材が育つ組織的条件とは

失敗しない組織改革のススメ―問題意識を起点に対策を立てる―

  • 第7回 なぜ「業務改善」は形骸化するのか?

国内の成熟市場で成長するために

  • 【最終回】第10回 働き方改革におけるマネジメント・イノベーション(後編)

本気のSDGs

  • 第7回 脱!手あたり次第のSDGs
  • オンラインサービスは新たなCXをもたらしたのか? オンラインサービス体験から見えた、メリットデメリット

第一線の組織マネジメントを考察する

  • 【最終回】第15回 やりくりのマネジメントの意味合い

新価値創造マネジメントの新潮流

  • 第8回(最終回) 事業戦略での製品群の全体最適化
  • 「職場力」を再生する 〜リモートワーク時代の「場」のマネジメント〜

ものづくりマネジメント最前線

  • 第2回 これからのものづくりは戦略と実行力!

オムニチャネル成功の鍵

  • 第6回 オムニバイシクルモデルの実際 ①Omni‐CRM(顧客起点のCRM) 推進ポイント

オピニオン一覧

コラムトップ