お問い合わせ

できたものから積むべからず

  • 物流のべからず集

 倉庫保管ではムダな空間をなるべく少なくして保管効率を上げます。トラックも同様である。重量積載率、容積積載率を高めて必要なトラック数を削減すべきである。

ねらい:積載率向上
キーワード:重量積載率、容積積載率

できたものから順にまとめて積みこんでしまうのは…

 できたものから積んでいくと「まだスペースに余裕があるのに、重量が制限いっぱいでもう載せられない」「重量は制限の半分なのに、スペースの余裕がないので載せられない」などはありませんか? 

重さ・大きさの異なる貨物を混載し、重量積載率、容積積載率の向上を!

 積載効率を高めるとトラック車両の数が減り、物流コストの削減が可能です。
 複数工場で別の製品を製造している場合に、それぞれの工場からの輸送よりも工場間を回って混載便として配送先へ運ぶことも可能です。こうすればトラック数の削減だけでなく、輸送距離も短くなるための、一層のコスト削減がねらえます。
 混載便としたり、配送ルートを再設計するとなれば、当日の出荷に合わせたピッキングでは間に合わないため、前日までにピッキングを完了する必要があります。ピッキングを行うためには受注情報を早く入手しななければなりません。そのためには営業担当者を巻き込み、当日受注のある顧客リストアップと交渉を実施したり、営業の業務担当者より前日夕刻に注文内容を電話で確認するなどの手段があります。それでも前日の残業が発生してしまう場合には、夜間作業として別途人員を補填する方法もあります。

bbekarazu_014_01.png

(文責:沼田千佳子 コンサルタント)

オピニオンから探す

研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

  • 第25回 “不確実性”を前提としたプロジェクトマネジメントをすべし

イノベーション人材開発のススメ

  • 第6回 イノベーション人材が育つ組織的条件とは

失敗しない組織改革のススメ―問題意識を起点に対策を立てる―

  • 第7回 なぜ「業務改善」は形骸化するのか?

国内の成熟市場で成長するために

  • 【最終回】第10回 働き方改革におけるマネジメント・イノベーション(後編)

本気のSDGs

  • 第7回 脱!手あたり次第のSDGs
  • オンラインサービスは新たなCXをもたらしたのか? オンラインサービス体験から見えた、メリットデメリット

第一線の組織マネジメントを考察する

  • 【最終回】第15回 やりくりのマネジメントの意味合い

新価値創造マネジメントの新潮流

  • 第8回(最終回) 事業戦略での製品群の全体最適化
  • 「職場力」を再生する 〜リモートワーク時代の「場」のマネジメント〜

ものづくりマネジメント最前線

  • 第2回 これからのものづくりは戦略と実行力!

オムニチャネル成功の鍵

  • 第6回 オムニバイシクルモデルの実際 ①Omni‐CRM(顧客起点のCRM) 推進ポイント

オピニオン一覧

コラムトップ