AIマッチングシステムで技術の事業化アイデアを発掘

ミーダス

社会課題を解決できる技術をAIが見つけ出す

JMACはAIナレッジ発掘サービスとJMACのコンサルティングを融合させ、技術の事業化アイデアを発掘できるAIマッチングサービス(サービス名:ミーダス)を提供しています。SDGsなどと関連する社会課題と自社が保有する技術情報資産、外部の情報(論文、特許など)の関連性を抽出し、新事業を生み出すめのアイデアを発掘します。

最大の特徴は、一般に公開されていないJMAC独自の技術関連情報をミーダスに取り入れていることで、コンサルティングノウハウや知見を加味した解析が可能になったことです。

ミーダス(meadas)は自然言語の検索文と、検索対象の文書のそれぞれを解析し、利用者の意図に則した文書を抽出します。任意の技術情報からその用途に関する情報を検索するシステムです。IBM Watson®※1を活用したSCSK社のAIナレッジ発掘サービス「manaBrain Retriever®」※2を利用しています。

ミーダスにできること

  • 人では不可能な大規模な技術データと社会課題データの関連性の解析
  • 一般に公開されていないJMAC独自の技術調査・技術分析情報、市場データの活用
  • 通常では見出せない技術と社会課題との関係性の抽出
  • 技術の事業化・新事業創出における成果創出

ミーダスによるアイデアの発掘(利用イメージ)

ミーダスの利用イメージ

JMACによるデータ登録

以下のデータがミーダスのデータベースに随時登録されます。
・コンサルティングプロジェクトごとに収集・分析している先端技術情報、市場機会や社会課題に関する情報
・公開されている科学・技術文献や社会動向に関わる情報

サービス利用者によるデータ登録

サービス利用者側でミーダスのデータベースに下記のデータなどを登録します。
・各社の技術報告書、論文、特許文献などテクノロジーに関わる情報
・各社で独自に調査を行った市場機会や社会動向に関する情報

サービス利用者への解析結果の提供

ミーダスで解析されたの個々の技術と社会課題の関連性の高い文書から気づきを得て、これまで思いつかなかった事業化アイデアを発掘できます。

ミーダスの解析結果
ミーダスによる解析結果のイメージ


資料をダウンロードする >

よくある質問

Q.自社情報の登録をJMACにお願いすることはできますか?
A.自社情報の登録についてはJMACからアドバイスすることも可能です。また自社の技術情報の構築などを改めて検討したい場合には、技術棚卸しなどのコンサルティングを組み合わせることでmeadasをより効果的にご利用いただくこともできます。

Q.解析結果の「読み方」をJMACはアドバイスしてくれますか?
A.meadasを活用して自社に必要な情報を読み取る方法については、システム導入時にJMACがレクチャーをいたします。また、その他オプションとしてmeadasを活用した事業機会探索やロードマップ策定などの社内研修を実施することも可能です。

Q.meadasには学習機能がありますか?
A.meadasが提示した文書を利用者が評価することができます。これによりmeadasが学習してより精度の高い検索が可能となります。

Q.meadasが得意な技術領域や市場分野はありますか?
A.meadasはさまざまな分野の専門用語を抽出することができますので、特定の技術領域や市場分野に偏ることなく、領域横断的な解析が可能です。一方で登録する情報を特定分野に集中させることで、その分野に特化した解析に使用することも可能です。

※1:IBM、IBM Watson は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です
※2:manaBrain Retriever は、SCSK の登録商標です。

コンサルティング・サービス一覧