採用情報

閉じる
農林漁業に再生可能エネルギーを活用したいモデル地区を募集しています

2018年7月23日

energy_20180723.png

日本能率協会コンサルティング(JMAC)では、農林水産省の「平成30年度農山漁村6次産業化対策事業に係る持続可能な循環資源活用総合対策事業(循環資源活用支援事業のうち地域資源活用展開支援事業)」の支援対象事業者として計画策定支援(マッチング活動)と情報提供(理解醸成活動)を推進しています。

事業概要

本事業におけるマッチング活動について、全国の農林漁業関係者ならびに自治体を対象に、これから農林漁業に再生可能エネルギーを活かしたいとお考えの方(市町村、農林漁業団体、生産法人、水利組合等問いません)を支援するため、現在、農林漁業において再生可能エネルギーの活用を検討するモデル地区(6地域程度)を公募しております。
以下の資料をご覧ください。

「再生可能エネルギーの導入を通じた 農山漁村の活性化と農林漁業振興への取組み」(PDF)をダウンロードする

応募締切

2018年7月27日(金)17:00必着

※検討はしてみたいがこれまできっかけがなかった方、あるいは、検討をしていて具体的な手段をお探しの方は、ぜひこの機会をご活用ください。

応募方法

所定の応募フォーマットにご記入の上、メール(energy_jmac@jmac.co.jp)にてご送付ください。
追って、応募書類選考の上、後日結果をお知らせいたします。

※以下のリンクより、応募要領ならびに応募フォーマットをダウンロードが可能です。

「再生可能エネルギーの導入を通じた農山漁村の活性化推進事業 マッチング活動モデル地区の募集について」(PDF)をダウンロードする

「マッチング活動応募申請書」(word)をダウンロードする