会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

マーケティング革新コンサルティング

マーケティングは第三世代へ

「CS」が日本に登場し20数年経った現在、マーケティングは大きな変革点を迎えつつあります。マス・マーケティングからCS、すなわち顧客中心のマーケティングへの移行が起こったように、「価値」そして「社会」中心のマーケティングへと変化が始まっています。

表面的にはネットやSNSやビッグデータの活用といった、デジタルマーケティングの発展と新たな分析手法やプロモーション手法に目が向きがちです。しかし、(優れた企業の)実際の取組みをつぶさに見ていくと、その背景には原点である「顧客」を中心に据えたマーケティングが機能していることがわります。これは「CS」の洗礼を受けたことで、「顧客」起点での思考様式・行動様式が企業の価値観そのものとして定着しているからに他なりません。

JMACは、真に顧客中心のマーケティングを実現しようとする企業の皆様を全力で支援します。

c-mark-01.jpg

マーケティング革新に求められる3つの要素とポイント

「新しいマーケティング」に求められる要素は3つです。

1.顧客洞察

従来のように企業がその顧客を自社との接点(店舗、営業、WEB、コールセンター、アフターサービスなど)を中心に理解してればよい時代は終わりました。顧客の認識やイメージ、評価までもが接点以外で起こってしまう今、企業は顧客との接点だけでなく顧客の生活そのものに迫り、声にならない期待や、見えていなかったならない実態を深く理解することが求められます。

JMACは「CS」で培ったさまざまな技術に加え、新しい手法も活用し、貴社の顧客洞察を支援します。

2.価値発明

顧客も自社も競合他社も「わかっている価値軸」の上での改良・改善はもちろん必要ですが、それだけではもの足りません。イノベーションと呼ばれるレベル、すなわち「今までにない価値軸」によりお客様の生活や顧客企業の業務・事業を大きく変化させなければなりません。それこそ社会からも求められ自社も目指すところのはずです。イノベーションや発明は「目指せばできる」ものではないという事実や実感は重々承知しています。

JMACは、自社の中に発明の種を見つけ芽にしていくために効果的なアプローチをご用意しています。発明を計画的に目指すのではなく、発明萌芽の期待値を高める支援にご期待ください。

3.共感形成

SNSなどの浸透もあり、世の中のさまざまなコミュニケーションの「量」は飛躍的に増加しています。その中で企業に好意的な情報も、拡散されたくない情報もすべてが速く広く伝わっていきます。そういったコミュニケーション環境を受け入れつつも、流されたり右往左往するのではなく、お客様や社会とが互いにわかり合い、自社の理念や活動への共感をいかに増やしていくかは、これからのマーケティングの課題の1つであることは間違いありません。

JMACはお客様や社会との「良質」な関係づくりのお手伝いをいたします。

上記の3要素を軸とした新しいマーケティングのあり方をJMACは「シン・マーケティング」と呼び、優れたクライアント企業と共に先進的な取組みにチャレンジしています。

c-mark-02.jpg

コンサルティングテーマ例

  • マーケティング戦略
  • マーケティング機能強化
  • 診断・新製品開発・新サービス開発
  • その他、顧客・市場調査など部分的支援も実施いたします。
実積
JMACへのお問い合わせ