1. TOP
  2. 人を知る
  3. サプライチェーン革新センター所属 刈谷 優孝

INTERVIEW人を知る

刈谷 優孝

JMACが蓄積してきた
技術を学び
コンサルタントとして
成長する

サプライチェーン革新センター

2016年新卒入社

コンサルタント

明治大学政治経済学部経済学科卒業

刈谷 優孝

JMACの伝統と蓄積してきた技術に魅力

入社の決め手は、JMACが日本の製造業に貢献してきた伝統あるコンサルティング会社であり、それゆえに多くのコンサルティング技術を蓄積していることでした。JMACは今日まで数々の企業を支援し、共に成長してきた実績があり、多くのコンサルティング技術を開発し蓄積しています。
一から成長できる環境を求めていた自分にとって、その技術を学び、自分自身の成長につなげるにはJMACは最適な職場だと思いました。

自分で考えて、自分で行動する

JMACでは若手でもやりたい仕事をどんどん任せてもらえます。たとえば、お客さまの改善の方向性などの重要事項も自分で考えて提案内容を決めることもあります。自分がやりたいと手をあげた内容ですから、モチベーションが高い状態を維持しながら、必死に考え抜くことになります。また、ときには製造現場に入り込んで詳しい調査を行うなどして、必死でアウトプットします。入社2年目の私のような若手でもガツガツ自分で考えて仕事を進めるのは本当に楽しいことです。
自分で考えて、自分で行動し、それを受け止めてもらえる環境があることがJMACの魅力です。

現場から全体を把握するコンサルティングへ

まだ入社2年目ですが、さまざまなプロジェクトに関わっています。その中で工場などの製造現場に入る機会も多く、そこではその部門内の問題だけでなく、他部門との間の仕事、連携がうまくとれていないという悩みをよく耳にします。お客さまに対してより良い支援を行うには、自分が見ている現場だけでなく、その前後の工程を担当する部門を見据えることも必要だと痛感しています。
製造現場での経験も活かしつつ、サプライチェーンの「全体最適」を支援できるコンサルタントになりたいと思います。

コンサルタントの働く日々

コンサルタントのスケジュールを紹介します。

ある一週間のスケジュール

  AM PM
自宅で作業 栃木に移動。ホテルにて資料作成
H社で打合わせ 同社にて現場観測
引き続き、H社で打合わせ 19時頃に終了し静岡に移動
G社で夕方まで打合わせ 打ち合わせ後、栃木へ移動
H社と打合わせ 同社の現場で改善施策を試行
自宅で作業 社内で打合わせ
休み 休み

ある火曜日のタイムスケジュール

6:00-8:00

メールチェックと今日のタスク確認

前日から栃木入り。ホテルで今日のタスクを確認。1人でクライアントを訪問するので、やや緊張気味

9:00-18:00

お客さまと打合わせ

午前中はH社の社内で打合わせ、午後からは実際に現場に入り、現場スタッフの方も交えて議論

19:00-21:00

その日の報告と明日の準備

今日の検討結果をまとめ、先輩にメールで報告。課題解決の方法を熟考しつつ、明日の準備を行う

JMACの人を知る

JMACで働く、等身大のコンサルタントの仕事への想いを紹介します。

顧客価値・サービス生産性革新センター

2014年新卒入社

HRM革新センター所属

2015年新卒入社

技術戦略センター所属

2013年中途入社

サプライチェーン革新センター所属

2007年新卒入社

経営戦略センター所属

2006年新卒入社

顧客価値・サービス生産性革新センター

2015年新卒入社

R&D組織革新・KI推進センター

2009年新卒入社

HRM革新センター所属

2015年中途入社

経営戦略センター所属

2006年新卒入社

サプライチェーン革新センター所属

2016年新卒入社

TPM技術センター所属

2005年中途入社

グローバル・調達革新センター所属

2016年中途入社

顧客価値・サービス生産性革新センター

2003年中途入社

JMACのプロジェクトを知る

JMACの多様なプロジェクトについて紹介します。

PROJECTS

新卒採用について

中途採用について