1. TOP
  2. JMACの理念・歴史

ABOUTJMACの理念・歴史

日本能率協会コンサルティングについて

「能率」は科学的管理法の本質

「能率」という言葉が生まれたのは、明治末~大正初期。「能率」とは、人の「能力」、設備の「性能」、材料の「機能」をそれぞれ活かしきるマネジメント、すなわち科学的管理法(Scientific management)の本質を捉えた言葉です。その後、大正から昭和にかけて日本能率連合会や日本工業協会などの活動により、能率運動とその研究が各地に普及していきました。

日本初の本格的コンサルティングファームの誕生

1942年、当時の商工大臣であった岸信介氏が、戦時下の国家的要請に応えるべく、日本能率連合会と日本工業協会を統合強化し、ここに日本能率協会が創設されました。初代会長に任命された伍堂卓雄氏は、所信表明で日本能率協会の運営方針を下記のとおり述べています。
「日本的性格を具有する能率増進方策の創案完成に努むること」
「議論より実行を主とすること」
「総花主義を捨てて真の重点主義、併列主義を排して順位を重んずる従列主義にて進むこと」
伍堂氏は「マネジメントは単なるシステムではない。重要なのは人間であり、従業員と管理者、経営者の考え方と行動である」との確信を持っていました。これらは日本能率協会グループのDNAとして今でも受け継がれています。

  • 1952年 創立10周年記念大会1952年 創立10周年記念大会
  • 伍堂 卓雄伍堂 卓雄(1877-1956)
  • 運営の標語運営の標語

時代の要請を捉え「生産技術」を提唱

戦中から戦後の復興期には工場管理の改善が急務でした。JMA理事長の森川覺三氏は、作業能率・品質管理・日程管理などを改善する技術を「生産技術」と呼ぶことを提唱し、航空工業関係技術者を対象とした「生産技術講習会」が開始されました。この講座はQC(Quality Control)、VE(Value Engineering)と並んで三大管理技術の1つであるIE(Industrial Engineering)をベースに組み立てられており、その基本プログラムは70年以上を経た現在でも「Pコース」の名称でお客さまに提供されています。

  • 森川 覺三森川 覺三(1896-1974)
  • 1952年ごろの修了式の様子1952年ごろの修了式の様子

コンサルティングの事業化と技術の体系化

戦後の混迷の中、日本能率協会はコンサルティングのさらなる事業化を進めていきます。優れたコンサルタントたちを有機的に組織化することで、集団としての技術とお互いへの信頼感が醸成されていきました。「コンサルティング技術は実践の現場から生まれ、実践により磨かれる」この考えを基本としながら日本能率協会のコンサルタントは、コンサルティング成果に対する顧客企業への責任のみにとどまらず、成果を生み出した技術の体系化にも責任を負うものと考えるようになりました。1946年に初めて開催された「コンサルティング技術会議」は、1980年に株式会社となって以降も続いています。

  • 1955年 技術会議メンバー1955年 技術会議メンバー

国内外から高く評価された伝説的コンサルタント

1945年に日本能率協会に入職した新郷重夫氏は、工場改善を主体としたコンサルタントとして活躍しました。新郷氏の名を高めたのは、「シングル段取り」の開発です。1969年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)で始まったプレスの段取り時間短縮の取組みの中で、多品種少量化が進む生産現場のロス軽減に貢献しました。新郷氏の功績は日本国内にとどまらず、日本式の生産管理を広く海外に伝えたことにあります。米国・ユタ州立大学では同氏の功績を讃えて、「製造業のノーベル賞」と称される「新郷賞」が設立されています。

  • 新郷 重夫新郷 重夫(1906-1990)

コンサルティングファームとしてのさらなる成長へ

1980年、日本能率協会は日本産業界へのさらなる貢献に向けて、コンサルティング事業部を分社化しました。株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)として基本綱領を定めるとともに、1985年にはコンサルタントの倫理綱領を制定しました。「倫理とは、手続、規則、法律、道徳に先行する心の秩序である」とし、一人ひとりのJMACメンバーがコンサルティング事業の社会的使命とコンサルタントが倫理職業であることを自覚し、企業と社会の豊かさに貢献することを求めたのです。
21世紀になり、開発・生産・物流・販売にわたる機能別コンサルティングの専門性を基軸に、戦略・人事・組織・ITなどの経営全般にわたるコンサルティング・サービスをさらに充実させました。また、世界各国の産業構造とニーズに沿った形で、総合コンサルティング・サービスをグローバルに展開しています。

  • JMAC基本綱領JMAC基本綱領

グループ交流について

JMAグループでは各法人間の交流を図るため、多岐にわたる活動を行っています。

新入社員が一堂に会するJMAグループオリエンテーション

毎年4月にはJMAグループの9法人に新たに入社した社員が集まり、合同オリエンテーションを行います。そこではJMAグループの理念・歴史を学ぶほか、ワークショップや交流パーティーを通じて相互交流を深めます。半年後の11月にはフォロー研修(合宿)で再会を果たし、半年間の振り返りを通じて、お互いの成長感や悩み・不安を共有し、コミュニケーションを深めます。

仕事にも活かせる実践テクニックを学ぶ「イブニングカレッジ」

仕事にも活かせるテーマを学ぶこと、そしてJMAグループ内の人的ネットワークを広げることを目的に開催されるイブニングカレッジ。 今年のテーマは「カメラ基礎講座」。プロのカメラマンが実践的なアドバイスをくれます。上野公園で、風に舞う落ち葉の撮影を練習する受講生の姿は真剣そのものです。

グループ親睦活動「かなえ会」

JMAグループには、相互の親睦・教養などの向上および社会貢献に寄与することを目的とした「かなえ会」があります。そこでは、将棋、野球、サッカー、マラソン、卓球、テニス、水泳、ボウリング、バイクツーリング、海洋研究など、各種サークル活動があり、グループ交流が活発に行われています。また、合同レクリエーション、ファミリーパーティーなどの親睦活動のほか、時代の潮流と深層を読み解く「夕学五十講」(せきがくごじゅっこう:慶應丸の内シティキャンパス定例講演会)の優待など教養を深める機会なども多くあります。

JMACについてもっと知る

JMACをより詳しく知るためのコンテンツはこちらからご覧ください。

トップメッセージ

JMACの役員から入社を希望されるみなさんへのメッセージです

JMACの理念・歴史

JMACの理念・歴史、日本能率協会(JMA)グループの歴史を紹介します

人を知る

JMACで働く等身大のコンサルタントが仕事への想いを語っています

プロジェクトを知る

JMACが支援した数多くのプロジェクトの一部を紹介します

育成・キャリア

JMACのキャリアパス・人材育成への取組みを紹介します

新卒採用について

中途採用について