1. TOP
  2. 育成・キャリア

CAREER育成・キャリア

キャリアパス

プロフェッショナルとしてのキャリア

コンサルタント職として採用された方は、ご自身のキャリアビジョンも踏まえ、将来的には自らの固有の専門領域を持っていただきます。それを高め、発展させていけるプロフェッショナルなコンサルタントとして育成します。 入社後からすぐに、JMAC独自の多様なプログラムでコンサルタントとしての育成が始まります。
コンサルタントの資格は大きく6段階に区分され、昇格審査に合格すると上位資格へ昇格できる仕組みです。コンサルタント資格によって異なる処遇制度が適用され、年齢に関係なく実力に応じた処遇となっています。
チーフ(C)、シニア(S)と経験・キャリアを重ねるにつれ、1つ1つのクライアントの課題に”オーダーメイド型”のコンサルティングで応じることができるようになっていきます。
また、新卒入社で定年退職を迎えるコンサルタントがいるように長年に亘り、第一線で活躍するコンサルタントが多く在籍するユニークなコンサルティングファームです。

JMACのキャリアモデル

独自のコンサルタント育成プログラム「コンサルタントアカデミー」

全体のプログラム

「コンサルタントアカデミー」では、コンサルタント倫理や役割、コンサルタントの視点や思考法、各種コンサルティング技術を講義と演習を通じて学びます。コンサルタントとしての基礎を習得するための1年間のトレーニング・プログラムには、第一線で活躍する先輩コンサルタントが講師を担当し、実践的な要素が数多く取り入れられています。

【プログラム例】
プレゼンテーション/リーディング/板書法/ロジカルシンキング/業界分析/財務分析
Pコース/統計学おもしろ体得塾 など

また、プロジェクトに参画してからも、毎月2~3日程度、定期的にアカデミーが開催されます。そこで実践の中で得られた気づきや学びを整理して発表し、講師や同期メンバーからフィードバックを受けることができます。このようにして次の実践に活かす成長サイクルを回していきます。

受講生の声

  • ・1年間100以上のプログラムを通じて、コンサルティングの基礎を学ぶとともに、JMACに在籍している多様なコンサルタントを知り、自らの将来像を描くきっかけにもなった。
  • ・中途採用で入社してもアカデミーを通じて「同期」のような関係性を築くことができて良かった。

コンサルティング実践研修「Pコース」(生産現場改善ベーシックコース)

入社後、座学を中心に学んできた”基礎スキル”を総動員して挑む実践研修が「Pコース」です。
PコースはJMACがクライアントにも提供している実践研修プログラムの1つで、JMACの新人研修においても伝統的に取り入れています。
Pコースは、
①現場改善に必要な手法をIE(Industrial Engineering)中心に修得すること
②「現状分析(改善余地把握)→目標設定→改善案検討→改善実施」の改善サイクルを実践し修得すること
③グループでの改善活動を通じて、異業種の人達との交流を図ること
を目的として、クライアントの工場を2週間お借りして、クライアントの社員の方々と一緒に改善に取り組む、まさに実践型の研修です。

受講生の声

  • ・自分たち主体でプロジェクト設計から最終報告まで経験できる良い機会だった。自分たちの力で取り組むことでプロジェクト推進の難しさが分かった。
  • ・IEの知識を身につけるだけではなく、さらにチームメンバーとのディスカッションの中から自分の不足点を発見し、今後の自己成長ための改善方向を見つけつことができた。

1年目に2つの部門を経験できる「仮配属」

新卒入社後、4月〜6月の基礎研修・Pコースを経て、前期・後期の「仮配属」で2つの部門のプロジェクト経験を積むことができます。
仮配属は本人の希望を最大限に考慮しますので、興味・関心のあるテーマのプロジェクトを1年目から経験できる仕組みになっています。
プロジェクトは大小さまざまですが3〜5名程度の編成が多いので、1年目からプロジェクトメンバーの一員として先輩からの指示を仰ぎながらも一部の役割を担い、クライアントに貢献する実感を得ることができるはずです。

育成プログラム
「コンサルタントアカデミー」

  1. 2ヶ月間
    基礎研修
  2. 上半期
    仮配属
  3. 下半期
    仮配属

2年目
本配属

  • ・1年目はJMACのコンサルタント育成プログラム「アカデミー」で活動
  • ・2つの領域(部門)を仮配属で経験し、2年目に希望どおり本配属
  • ・本配属後も自らの意思で異動できる自由な組織風土

自らの意思を尊重する
”自由配属制度”

自らの意思を尊重する”自由配属制度”

自らのキャリアをしっかりと考え、それを実現するための道を切り拓けるよう、新卒・中途採用を問わず、本人の希望する部門に配属する”自由配属制度”がJMACの特徴です。
配属されたあとも毎年1回、異動希望を出せる機会があり部門を異動することができます。
このような自由度のあるキャリア・配属の仕組み・組織風土が、専門特化したスペシャリストや幅広い領域の経験をもつゼネラリストを育み、クライアントへの価値提供につながっています。

受講生の声

  • ・生産現場の改革と研究開発部門の改革のどちらが良いか悩んでいたが、仮配属で2つの部門を経験することで、どちらが自分の興味に近いのか、実感が持てた。
  • ・前期では製造業の戦略よりの案件に参加し、後期は、戦略を実際に現場に落とし込んでいく案件に参加。同一業種の中で、どちらの知見をまずは深めていく必要があるかを考えるようになった。

研究会活動

部門横断的な交流を通じて、クライアントの新たな課題解決につなげる

自主的に運営されるコンサルティング技術や商品の開発活動として研究会があります。研究会は、所属部門には関係なく、興味関心のある研究テーマにメンバーが集まって活動します。時流に合ったテーマや先進的な取組み事例について、部門横断的に専門領域の異なるメンバーが議論を重ねていくことで、クライアントの新たな課題の解決につなげます。
近年、成長している農業分野のコンサルティングは農家育ちのコンサルタントが研究会を立ち上げ、有志が集い、事業に発展してきた事例の1つです。
最近では、サステナビリティやSDGsの研究会も部門横断で十数名の若手コンサルタントが中心となり、複数部門の本部長も巻き込みながら議論を重ね、オンラインセミナーなど情報発信も活発に行っています。

働く場所・時間の自由度が高い

JMACのコンサルタントは30年以上前からテレワークで仕事をしています。
働く場所・時間が個人の裁量に委ねられ、自由度が高いのが大きな特徴です。
働く場所は、自宅、オフィス、シェアオフィスを自由に選べ、働く時間はフレックスタイム制を活用し、柔軟な働き方、ワークライフバランスを実現することができます。
コロナ禍でテレワークが一層進展し、従来はクライアント訪問で多かった出張が半分近くオンライン会議に変わり、コンサルティングスタイルも変化しています。

人事からみなさまへ

コンサルタントとして
成長していく姿が
私たちの喜びです

「コンサルタントとして企業の経営改革を支援したい」
「日本の産業界に貢献するコンサルタントになりたい」
高い志と情熱を持っている方にとって、自由闊達な組織風土で、やりたいことに果敢にチャレンジできるJMACは、絶好の舞台といえます。
新卒入社でコンサルタントとしてのキャリアをスタートした方も、事業会社での実務経験を活かしてコンサルタントにキャリアチェンジをした方も、JMACには数多く在籍しています。
私たちは、みなさまの採用から育成に関わり、みなさまがクライアントから信頼され、クライアントに貢献するコンサルタントに成長されることが何よりの喜びです。

JMACについてもっと知る

JMACをより詳しく知るためのコンテンツはこちらからご覧ください。

トップメッセージ

JMACの役員から入社を希望されるみなさんへのメッセージです

JMACの理念・歴史

JMACの理念・歴史、日本能率協会(JMA)グループの歴史を紹介します

人を知る

JMACで働く等身大のコンサルタントが仕事への想いを語っています

プロジェクトを知る

JMACが支援した数多くのプロジェクトの一部を紹介します

育成・キャリア

JMACのキャリアパス・人材育成への取組みを紹介します

新卒採用について

中途採用について