1. TOP
  2. 人を知る
  3. 経営戦略センター所属 北村 大輔

INTERVIEW人を知る

北村 大輔

「集団天才」が生む
コンサルティング技術で
企業の体質を強化する

経営戦略センター

2006年新卒入社

チーフ・コンサルタント

慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業

北村 大輔

現場を中心とした総合ファーム

「現場を中心とした総合コンサルティングファーム」という点が入社の決め手になりました。学生のときに漠然とコンサルタントって面白そう……と思っていたものの、具体的にやりたいことが見えてきませんでした。しかし説明会に参加して、JMACであればそれが見つかると感じることができました。
実際、JMACの部門はいくつかの専門領域別(戦略・マーケティング・R&D・生産・サプライチェーン・人事など)に分かれていて、入社してから複数部門に仮配属した形で、お客さまの現場を経験することになります。この期間を通じて自分の進みたい道を選択できるのは、JMACの良い点だと思います。

個人だけの力ではない「集団天才」

個人だけの能力で成果を出すようなコンサルティング・スタイルもあるかもしれません。しかしそれでは、その人にしかできないという点に課題があるように思います。JMACではコンサルティングの現場で得た成果をもとにそのプロセスを技術(=コンサルティングメソッド)として取りまとめる習慣が根付いています。また、自分以外のコンサルタントがつくった技術を習得することもできます。
組織として技術を共有することで、一人のコンサルタントだけでは創出できない価値をクライアントへ提供していく。これを「集団天才」と呼んでいますが、これもJMACの好きなところのひとつです。

短期と中期の成果創出を支援できるコンサルタントを目指す

最近は、金融機関や総合商社などのお客さまからのコンサルティング依頼が増えています。そうしたお客さまは、とくに数値にシビアです。短期でも目に見える成果を上げることのできるコンサルティング技術の必要性が増しているのです。
一方で、短期的な成果だけでは継続成長を実現するような体質の強化にはつながりませんし、人材も育ちません。また、いつまでも同じビジネスモデルでは、相対的に収益力が低下してしまう時代になっています。短期的な成果創出と中期的な戦略策定の両面から企業を支援できるコンサルタントを目指しています。

コンサルタントの働く日々

コンサルタントのスケジュールを紹介します。

ある一週間のスケジュール

  AM PM
A社(都内)で打合わせ A社(都内)で打合わせ
B社(都内)で打合わせ B社(都内)で打合わせ
C社(名古屋)で打合わせ C社(名古屋)で打合わせ
セミナー講師 セミナー講師
A社(都内)で打合わせ A社(都内)で打合わせ
内部ミーティング 休み
休み 休み

ある月曜日のタイムスケジュール

5:00-9:30

朝の移動時間を活用し、今日の段取りを行う

満員電車を避け、プロジェクトに関する最新情報を収集。本日の訪問先は都内にあるA社。近くのカフェで準備

12:00-13:30

振り返りと、準備の繰り返し

午前中の打合わせ結果をさっと振り返り、午後の打ち合わせに向け確認事項を整理する

16:30-20:00

今日のまとめと明日の準備

帰宅時もなるべく始発駅から電車に乗りビジネス書を読む。帰宅後打合わせ結果を取りまとめ、翌日の準備をする

JMACの人を知る

JMACで働く、等身大のコンサルタントの仕事への想いを紹介します。

顧客価値・サービス生産性革新センター

2014年新卒入社

HRM革新センター所属

2015年新卒入社

技術戦略センター所属

2013年中途入社

サプライチェーン革新センター所属

2007年新卒入社

経営戦略センター所属

2006年新卒入社

顧客価値・サービス生産性革新センター

2015年新卒入社

R&D組織革新・KI推進センター

2009年新卒入社

HRM革新センター所属

2015年中途入社

経営戦略センター所属

2006年新卒入社

サプライチェーン革新センター所属

2016年新卒入社

TPM技術センター所属

2005年中途入社

グローバル・調達革新センター所属

2016年中途入社

顧客価値・サービス生産性革新センター

2003年中途入社

JMACのプロジェクトを知る

JMACの多様なプロジェクトについて紹介します。

PROJECTS

新卒採用について

中途採用について