1. TOP
  2. トップメッセージ

VISIONトップメッセージ

私たちの想いをお伝えします

新しい時代に新しい価値を
創造していく

日本能率協会グループの歴史は、1942年社団法人日本能率協会(JMA)の設立に始まります。
現在JMAグループは9の法人がそれぞれの領域で企業・団体の経営改革や産業界の発展のための事業を行っています。
JMAグループの中核を担う株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、
日本初の本格的経営コンサルティングファームとして日本企業の躍進を支えてきました。
現在JMACは60以上の国と地域の企業・団体に対して、年間約1500件ものコンサルティング・サービスを提供しています。
今後、ICT/IoTやAIの進展により、企業経営を取り巻く環境はめまぐるしく変化します。
新しい時代に新しいコンサルティング・サービスを開発し、共に新しい価値を創造していく、
ひたむきで成長意欲のある人材を私たちJMACは求めています。

JMACの目指すところ

鈴木亨

「能率」の精神と「革新」への
チャレンジ

代表取締役社長
鈴木 亨

コンサルティングは、1942年の日本能率協会の創設以来、その中核を担ってきた事業です。能率とは人の「能力」、設備の「性能」、材料の「機能」を活かしきるための科学的管理技術のことです。また、「産業界に貢献する」「成果にこだわる」「『さん』づけ文化」など、JMAの独自のDNAを引き継ぎつつ、JMAC一人ひとりのメンバーが切磋琢磨しながら新たなチャレンジを続けています。1980年に株式会社として独立して今年、40周年を迎えることができました。おりしも今、世界は未曾有の環境変化に見舞われています。新常態に直面したお客さまと真摯に向き合うとともに、仲間と真剣な議論を通して新たな未来をつかむための取組を推進しています。新常態下において、産業界への新たな貢献に向け私たちJMACの果たすべき役割はますます大きくなると確信しています。

富永峰郎

グローバルは新たなチャレンジの時代へ

常務取締役
富永 峰郎

グローバルな事業環境も、いよいよニューノーマルの時代に突入しました。JMACの海外展開は1980年代に欧州からスタートしました。21世紀に入り、世界の工場から世界の市場へと発展を遂げたアジアが世界の中心に躍り出ました。日本企業やJMACもそれに対応し、対象地域を拡大し、グローバル生産からグローバルマーケティングへと機能の高度化を図ってきました。そして2020年代、ニューノーマルの時代では、サプライチェーンとイノベーションが鍵になります。JMACはASEAN、中国の現地拠点とグローバルなアライアンスによる人と情報のつながりをさらに強化することで、日本の成長に貢献する新たなチャレンジをしています。

小澤勇夫

新たなビジネスモデルの開発

常務取締役
小澤 勇夫

JMACのコンサルティング・サービスは、「能率」の考え方をベースに、成果にこだわる良き伝統と次世代に向かう革新の精神を兼ね備えています。時代や環境の変化に適合し、クライアントの期待に応えるビジネス開発を戦略的に実行し、JMACならではの特色あるサービスと新たな事業の確立に挑戦しています。新常態も踏まえた10年後の世界をイメージしながら、「ラーニング・ビジネス」「デジタル・イノベーション」「先端技術商業化ビジネス」などの成長戦略プロジェクトを立ち上げています。私たちJMACはクライアントの成長のために日本の産業界を牽引する高品質のサービスをグローバルに提供できるよう、未来に向けてさらに邁進しています。

守田義昭

多様性を感じ取り
大きな課題に挑む

取締役
守田 義昭

いつの時代も企業は発展に向けて、さまざまな経営課題を抱えています。とくに「グローバル化」は、生産年齢人口が減少していく中で、これからも優先順位の高い経営課題であることは間違いありません。プロジェクトを実施するにあたって、コンサルタントが海外の現地に長く滞在することもあります。コンサルタントには敏感に多様性を感じ取り、現地の方々を主体としたプロジェクトチームの力を最大限発揮させるためのコミュニケーションや環境づくりを行い、マネジメントに真摯に取り組む姿勢も求められます。それらは、場合によっては、お客さまから依頼されたプロジェクトよりも大きな課題となります。このように自ら大きな課題を設定して挑戦するのがJMACのコンサルタントです。

亀ケ森昌之

総合力を発揮するプロ意識と
「さん」づけ文化

取締役
亀ケ森 昌之

コンサルタントはクライアントのために自らの専門能力を高める努力を惜しみません。それぞれの専門能力を組み合わせて組織の力としてお客さまの課題に対応していく総合力も必要になります。この専門能力と総合力によりはじめて複雑な経営課題が解決できることを私たちは知っています。コンサルタント経験や年齢の差はあってもそれぞれの領域のプロフェッショナルとして尊重し合い、協力できる関係が必要です。私たちは社内で互いに役職で呼び合うことはありません。誰に対しても「さん」づけで呼び合います。課題解決に役職は必要ありません。そしてこの半世紀以上続くマインドセットがクライアントとの実直な信頼関係を生み出す源泉でもあるのです。

大谷羊平

組織的な人材育成と
「個性」を活かす

取締役
大谷 羊平

私たちJMACの仕事はクライアントの成果を達成するだけでなく、改革風土を根付かせることも重要だと考えています。また、多様なバックグラウンドを持つコンサルタントが刺激しあって困難な課題に向き合います。そのためJMACでは、ホスピタリティ豊かに互いを尊重するスタンスが求められます。人材はコンサルティング会社の重要な資産です。JMACでは組織的な人材育成を重視して、採用・育成強化委員会やコンサルタントアカデミーをはじめ多面的は育成活動が行われています。互いの良さを認めあい、苦手を克服し、人として成長してもらうことが目標です。その個性を活かしてクライアントに貢献できる真のコンサルタントになってもらいたいと考えています。

石田秀夫

新常態になっても変わらない
JMACの力

取締役
石田 秀夫

新型コロナウイルスの環境下においてコンサルティングスタイルも変化しました。クライアントを訪問して行っていたプロジェクトはWeb会議システムなどでリモート化され、生産性向上のさまざまな工夫が行われています。これを契機にデジタルトランスフォーメーションはますます進展していきますが、一方で、「現場」でこそわかることがあるのも事実です。それぞれのクライアントごとに目指す方向も違えば、解決策も異なります。大切なことは、リモートでも現場でも、事実を捉え課題を把握し、ありたい姿を引き出して、そのクライアントの「個有解」を導き出すということです。新常態になっても、考え抜いてオリジナル性のある「解」を出すことが私たちJMACの力です。

JMACについてもっと知る

JMACをより詳しく知るためのコンテンツはこちらからご覧ください。

トップメッセージ

JMACの役員から入社を希望されるみなさんへのメッセージです

JMACの理念・歴史

JMACの理念・歴史、日本能率協会(JMA)グループの歴史を紹介します

人を知る

JMACで働く等身大のコンサルタントが仕事への想いを語っています

プロジェクトを知る

JMACが支援した数多くのプロジェクトの一部を紹介します

育成・キャリア

JMACのキャリアパス・人材育成への取組みを紹介します

新卒採用について

中途採用について