1. TOP
  2. トップメッセージ

VISIONトップメッセージ

私たちの想いをお伝えします

新しい時代に新しい価値を
創造していく

日本能率協会グループの歴史は、1942年社団法人日本能率協会(JMA)の設立に始まります。
現在JMAグループは9の法人がそれぞれの領域で企業・団体の経営改革や産業界の発展のための事業を行っています。
JMAグループの中核を担う株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)は、
日本初の本格的経営コンサルティングファームとして日本企業の躍進を支えてきました。
現在JMACは60以上の国と地域の企業・団体に対して、年間約1500件ものコンサルティング・サービスを提供しています。
DigitalTransformation(DX)の推進、そしてより
SocialTransformation(SX)時代におけるサスティナブル経営など、企業経営を取り巻く環境はめまぐるしく変化します。
新しい時代に新しいコンサルティング・サービスを開発し、共に新しい価値を創造していく、
ひたむきで成長意欲のある人材を私たちJMACは求めています。

JMACの目指す姿

鈴木亨

持続可能な社会に向けて、
このコーナーを駆け抜ける

代表取締役社長
小澤 勇夫

時代とともに経営課題は大きく変化し、現在は政治・経済・社会・技術のあらゆる領域における構造的な変革と価値観の変容が加速度を増してきています。
この根本的な変化が起こる時代においては、これまでとは異なる、より速いスピードでの経営のかじ取りはもちろん、イノベーションの常識を根本から見直すことも求められています。私たちは、これまでの常識が変わるという曲がり角、つまり「コーナー」に向き合っていると言えるのです。
私たちが直面している、この「コーナー」は、環境変化の捉え方の違いから、産業・企業、社会・個人ごとに向き合う課題はさまざまであり、またそれらの難易度も異なっています。しかし、どのような課題であれ、その先を求める強い意思があれば曲がれないコーナーはありません。重要なのは、そのコーナーの先を見据え、打つべき手を怯まずに実行し、そして速く駆け抜けていく力なのです。
私たち株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)は1942年に設立された社団法人日本能率協会の中核として、「経営革新と社会の発展を先導・支援する」という理念のもと、コンサルティング事業を通じて「持続可能な社会」の実現を目指してまいりました。それは戦後の日本の復興期を支えるというコンサルタントの職業的使命感と、今も何ら変わるものではありません。
私たちはこの変化に正面から向き合い、産業界から社会全体への貢献を強く意識し、経営マネジメントに関するあらゆるテクノロジーを取り入れて、クライアントと共にこのコーナーの先に広がる未来を切り拓いてまいります。

富永峰郎

オンリーワンの持続成長を目指して

専務取締役
富永 峰郎

コロナ禍を経て、本格的なトランスフォーメーションの時代を迎えました。ポイントは、サスティナビリティ(S)、デジタル(D)、グローバルズ(G)、すなわちSDGsです。JMACは、1942年の創業以来、日本の産業発展に貢献してきたDNAと技術を踏まえ、環境、安心安全、働き方、地域、農業等の多様な分野で、サスティナビリティにつながる社会価値を創出します。それを実現するためにデジタル、グローバルのイノベーションを加速しています。また、従来にとらわれないBeyond Consultingという新たなビジネスモデルに挑戦し、オンリーワンのコンサルティングファームとして持続成長を目指しています。

小澤勇夫

チャレンジがプロコンサルタントの自信と誇りを作りあげる

常務取締役
亀ケ森 昌之

仕事の楽しさはチャレンジレベルとスキルレベルの相関で決まると言われています。チャレンジレベルに対してスキルレベルが低ければ不安となり、逆の場合は退屈してしまいます。双方が高まったとき、はじめて楽しさや幸福感が生まれてきます。自己の成長とは、この2つのレベルの高まりを日々感じながら仕事をしているときです。JMACのメンバーはクライアントの変化する課題解決に向けた新たなチャレンジと、そのためのスキルアップをワンチームで欠かさず続けてきました。そして実際のコンサルティングの場での、クライアントに向かう集中力と受け取るダイレクトな評価は、私たちのプロフェッショナルとしての自信と誇りを生み出し、貢献の実感とともに組織そして個人の幸福感につながっています。

守田義昭

デジタルだけではない個人の能力で貢献する

取締役
守田 義昭

お客様でのプロジェクトでは、デジタル技術活用による状態監視技術開発や業務プロセス効率化などDXプロジェクトが増えてきました。デジタル人材育成テーマの要望も増え関心の高さを実感しています。これからの「人材を育てる」には、デジタル能力はもちろんのこと、次の2つのことも忘れずに成果を目指すことが必要です。ひとつめは従来から注目されている能力ですが「やる気」や「知恵を出す」などデジタル技術で自動化できない能力です。ふたつめは、個人の能力を高めるだけでなく、職場で仲間を増やし、更に職場の体質改善まで貢献できる人づくりです。従来から様々な育成法がありますが、JMACではその方法を革新させながらお客様に貢献しています。

亀ケ森昌之

これからのサスティナビリティ経営を担うコンサルタントへ

取締役
大谷 羊平

私たちJMACの仕事はクライアントの求める成果を達成するだけでなく、自主的に継続していける改革風土を根付かせていくことも重要だと考えています。そのために多様なバックグラウンドを持つコンサルタントが刺激しあって困難な課題に向き合います。そのためJMACでは、ホスピタリティ豊かに互いを尊重するスタンスが求められます。人材はコンサルティング会社の重要な資産です。JMACでは組織的な人材育成を重視して、採用・育成強化委員会やコンサルタントアカデミーをはじめ多面的は育成活動が行われています。互いの良さを認めあい、苦手を克服し、人として成長してもらうことが目標です。先輩も含め切磋琢磨し、企業のサスティナビリティ経営に貢献できるコンサルタントを目指してください。

大谷羊平

考え抜くことでJMACならではの「解」を出す

取締役
石田 秀夫

私たちJMACが目指し実践しているコンサルティングは、今後の環境変化に強い会社にし、そこで働いている人々が成長し、自主自律的に会社と仕事を変革・改善していく基盤を構築し、会社と働く人達を幸せにしていくことが特徴です。このような会社像を目指しつつ、グローバルの厳しい競争を勝ち抜き、さらには社会貢献も同時実現していくには、「新しい時代に変革を起こすコンサルタント」「チャレンジするコンサルタント」が求められます。唯一の解などありません。自分の頭で常識を疑い考え抜き、弛まぬ挑戦をすることで顧客は変わり・強い会社にすることができるのでです。昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれていますが、私たちは現場の実態や働く人々のおもいも鑑みて、クライアントごとに目指す方向・勝てる方向を見出し、愚直に実践していきます。大切なことは、そのクライアントごとの「個有解」を導き出すということです。DXやサスティナビリティ経営が進められても、考え抜いてオリジナル性のある「解」を出すことが私たちJMACの力であり強さです。

JMACについてもっと知る

JMACをより詳しく知るためのコンテンツはこちらからご覧ください。

トップメッセージ

JMACの役員から入社を希望されるみなさんへのメッセージです

JMACの理念・歴史

JMACの理念・歴史、日本能率協会(JMA)グループの歴史を紹介します

人を知る

JMACで働く等身大のコンサルタントが仕事への想いを語っています

プロジェクトを知る

JMACが支援した数多くのプロジェクトの一部を紹介します

育成・キャリア

JMACのキャリアパス・人材育成への取組みを紹介します

新卒採用について

中途採用について