1. TOP
  2. 人を知る
  3. HRM革新センター 松原 綾子

INTERVIEW人を知る

松原 綾子

人材育成への多角的な
アプローチで
人と組織の成長に貢献する

HRM革新センター

2015年新卒入社

コンサルタント

慶應義塾大学大学院法務研究科法務専攻修了

松原 綾子

人間的魅力がある先輩コンサルタントとの対話

就職活動でさまざまな職種を検討しているうち、独立性の高いプロフェッショナルな仕事をしたいという思いが強くなり、コンサルタントを志望するに至りました。JMACを知ったのは就活中です。説明会に参加して面接を受けていく中で、入社意欲が高まりました。一番の決め手は、面接で出会った2人のチーフ・コンサルタントとの対話でした。笑顔も交えたフランクな雰囲気でテンポよく話を進めていく姿を見て「こんな魅力的な先輩がいる会社だったら、自分らしく働けそう」と感じました。

コミュニケーションを重視したコンサルティングスタイル

コンサルティングのあらゆる場面で日々実感していることがあります。それはたとえば現場の改善や研究開発の技術議論、また人事制度改革の議論において、JMACはお客さまとの深いコミュニケーションから、そのお客さまにとっての最適解を見いだそうとしているということです。現場の声を多く聞いたり、じっくりと議論を重ねたりすることによって、お客さまの悩みに正面から向き合うことができます。このようなプロセスを経て、お客さまに良い変化が生まれたときの喜びは非常に大きいと感じています。

人事制度改革を軸とした総合的人材マネジメントを支援

これまで人事制度改革を軸に人材ビジョン策定や階層別研修など、さまざまなテーマの支援に携わり、それぞれの角度から課題解決を図ってきました。その中で、多くの企業の重要課題である人材育成を大きく進めるためには、経営者だけでなく全従業員の根本的な意識改革と継続的な実践が不可欠であると強く感じています。
今後は多角的なアプローチを継続的に実施する総合的人材マネジメントを支援することによって、人と組織の成長に貢献していきたいと考えています。

現在入社を検討中のみなさまへ

ワークライフバランスの点で不安に思われている方もいらっしゃるかもしれません。
私は入社5年目で育休を1年以上取得しました。その後4か月間復帰し、また産休に入ります。休業前後で携わっていたプロジェクトは上司が仕事量を調整してくれましたし、お客様にご理解いただけるよう働きかけてもらえました。社内でも肩身の狭い思いをすることは全くありませんでした。
JMACには一人ひとりの考え方や生き方を尊重する文化があると感じています。将来を見据えて上司や会社としっかり相談すれば、自律的にキャリアをつくっていけますし、それが自身の働きやすさにもつながっていくと思います。

コンサルタントの働く日々

コンサルタントのスケジュールを紹介します。

1日のスケジュール

8:30

JMACに出社

本日の資料の最終確認・修正。

9:30

A社へ移動。移動中にメールや社内SNSのチェックをする。

10:30

ミーティング

新規案件コンペのため上司とA社訪問。進行補助と議事録作成を担当する。

12:00

自宅へ移動。移動中に午前中の出来事の振返りをし、社用スマホにメモする。

13:00

昼休み

帰宅。昼食をとる。

13:30

オンラインミーティング

テレビ会議で社内研究会に参加。

16:30

デスクワーク

午前中の議事録を仕上げて上司に送付。翌日の社内研究会用の資料を作成。

17:00

終業。保育園へ子どもをお迎えにいく。

JMACの人を知る

JMACで働く、等身大のコンサルタントの仕事への想いを紹介します。

R&D組織革新・KI推進センター

2020年中途入社

品質革新センター

2019年新卒入社

サプライチェーン革新センター

2016年新卒入社

HRM革新センター

2015年新卒入社

HRM革新センター

2015年中途入社

CX・EXデザインセンター

2015年新卒入社

CX・EXデザインセンター

2014年新卒入社

R&D組織革新・KI推進センター

2009年新卒入社

サプライチェーン革新センター

2007年新卒入社

経営戦略センター

2006年新卒入社

経営戦略センター

2006年新卒入社

インテリジェントメンテナンスセンター

2005年中途入社

CX・EXデザインセンター

2003年中途入社

JMACのプロジェクトを知る

JMACの多様なプロジェクトについて紹介します。

PROJECTS

新卒採用について

中途採用について