1. TOP
  2. 人を知る
  3. R&D組織革新・KI推進センター所属 丹羽 哲夫

INTERVIEW人を知る

丹羽 哲夫

JMACが強い
研究開発部門の
コンサルティング技術を
確立して発信する

R&D組織革新・KI推進センター

2009年新卒入社

チーフ・コンサルタント

東京農業大学大学院農学研究科バイオサイエンス専攻修了

丹羽 哲夫

個性豊かな先輩たちとやりたいことがやれる

もともと「企業の研究開発部門の生産性を高めたい」という想いで就職活動をしていました。その中で研究開発部門に向けたコンサルティングに強みを持っているJMACを知り、興味を持つようになりました。
入社の決め手は選考の中で面接官として接した先輩方です。今でも鮮明に覚えているほどみなさん個性的で、しかもよく考えられた質問が飛んできました。自分と「波長」が合ったということと、こうした先輩たちと働けたら厳しくも楽しそうだと感じ、入社を決めました。

自分で専門性を選び、自分で決めて働く

JMACの魅力のひとつは、「想い」があればたいていのことは自分で決められるということだと思います。自分が自由に使える時間の中では、働く場所や働く時間をある程度自分で決めることができます。自分の専門性や部署も自らの意志で選択することができ、研究会の立上げや参加も各個人で行うことができます。また、公募制度などで部署の異動を申し出ることもできます。
他社にはないこうした自由度が魅力であり、またこれは自分を律する厳しさでもあり、私がJMACの好きなところです。

研究所革新のスペシャリストとして世に発信していきたい

製品のライフサイクルが短くなり、メーカーは次々と新製品を世の中に送り出していくことが求められています。そのような状況のもと、企業の研究所では既存の商品群ではなく“新事業を創出する”こと、そして自社の殻に閉じこもらず「外部との連携」による研究のスピードアップと技術の深耕が求められています。
これらの研究所が抱える課題を解決するためのコンサルティング技術を確立し、世に発信していきたいと考えています。

コンサルタントの働く日々

コンサルタントのスケジュールを紹介します。

ある一週間のスケジュール

  AM PM
S社で現場インタビュー JMACに戻り、資料のまとめ
資料づくり・メール処理 先輩とS社打合わせ
M社(関西)の分析資料作成 K社でミーティング
JMACでセミナー講師 JMACでセミナー講師
JMACでセミナー講師 JMACでセミナー講師
JMACで研究会用の資料作成 プロジェクトについて議論
休み 休み

ある火曜のタイムスケジュール

8:30-11:00

自宅で資料づくり

起床後、自宅でメール処理や資料作成など。自宅で快適に作業ができるよう身体に良い椅子を使用

13:30-17:30

お客さまにインタビュー

昼食後、S社へ移動し、先輩と現場インタビューを実施。組織の役割や業務、課題認識などをヒアリング

19:00-22:00

新幹線で移動

S社からそのまま関西へ移動。軽く新幹線内で食事を取り、食後は調べ物や研究会用の資料作成を進める

PROJECTSプロジェクトを知る

コンサルタントが参画した
プロジェクトの詳細はこちら。

アステラス製薬

「経営がわかる技術者」の育成による
スピーディーな新薬開発

JMACの人を知る

JMACで働く、等身大のコンサルタントの仕事への想いを紹介します。

顧客価値・サービス生産性革新センター

2014年新卒入社

HRM革新センター所属

2015年新卒入社

技術戦略センター所属

2013年中途入社

サプライチェーン革新センター所属

2007年新卒入社

経営戦略センター所属

2006年新卒入社

顧客価値・サービス生産性革新センター

2015年新卒入社

R&D組織革新・KI推進センター

2009年新卒入社

HRM革新センター所属

2015年中途入社

経営戦略センター所属

2006年新卒入社

サプライチェーン革新センター所属

2016年新卒入社

TPM技術センター所属

2005年中途入社

グローバル・調達革新センター所属

2016年中途入社

顧客価値・サービス生産性革新センター

2003年中途入社

JMACのプロジェクトを知る

JMACの多様なプロジェクトについて紹介します。

PROJECTS

新卒採用について

中途採用について