会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

塚松 一也
研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

第23回 技術交流会(発表会)の魅力を高めよう(下)

 前々回、前回に続き今回も、研究開発部門で行われている技術交流会(発表会)を題材に取り上げます。

技術発表会・交流会の2つのねらいと運営の仕方

 技術発表会や技術交流会のねらいはそれぞれでさまざまですが、大きく分ければ2つでしょう。

 ひとつは、組織の上の人(権限がある人)に技術の理解を深めてもらい、予算やリソース配分について適切な意思決定につなげることです。ひらたく言えば、予算獲得のための上の人へのプレゼンです。

 もうひとつは、他の研究者や他部署(営業の人など)との交流を通じて技術の可能性を知ってもらい、技術活用のアイデアなどにつなげることです。

 この2つは性質が異なりますので、それぞれにあった形で技術発表会・交流会を企画・運営したほうがいいと思います。両方をねらうと位置づけや意味合いがボケて、"二兎追うものは一兎も得ず"になるおそれがあります。

 組織の上の人(権限がある人)に技術の理解を深めてもらい、予算やリソース配分の適切な意思決定につなげることをねらうタイプの技術発表会は、聴き手を特定の少数に絞って運営するのが効果的で、ねらいどおりの結果を得やすくなります。聴き手が多岐にわたると、話し手もいろいろなことを気にして話してしまい、意思決定者に内容がうまく伝わらないことも起こりがちです。イメージとしてはお得意様会(プライベートフェア)のような感じで、少人数の場をつくるのがいいでしょう。

 一方、交流や創発がねらいの技術交流会は、イメージとしてはノミの市(フリーマーケット)的な感じで、ワイワイとにぎやかな運営(演出)をするのがいいでしょう。

 昔はポスターセッションというのが定番でしたが、最近は小型プロジェクターや大画面モニターを使って簡易プレゼンテーションをするスタイルも増えてきているようです。

col_rd_23_01.png

技術発表会・交流会は重要なR&D現場のイベント

 3回にわたって技術発表会・交流会について書いてきましたが、伝えたかった趣旨はR&D組織において、研究開発実務と同様に技術発表会・交流会の開催・運営も重要だということです。けっして「たかが発表会でしょ」と軽視しないことです。魅力的な技術発表会は、上位マネジメントの適切な意思決定につながります。魅力的な技術交流会は、いろいろな創発につながります。魅力的な技術発表会・交流会を毎年続けると、良き文化・伝統になっていくものです。

 他人の研究に関心を持たないような人の集団にならないためのひとつの具体的な施策が、技術発表会・交流会の場を魅力的になるように工夫し継続していくことだと思います。

←第22回 | 記事一覧 ↑ |

コンサルタントプロフィール

塚松 一也

R&D組織革新センター チーフ・コンサルタント

塚松 一也

R&Dの現場で研究者・技術者集団を対象に、ナレッジマネジメントやプロジェクトマネジメントなどの改善を支援。変えることに本気なクライアントのセコンドとして、魅力的なありたい姿を真摯に構想し、現場の組織能力を信じて働きかけ、じっくりと変革を促すコンサルティングスタイルがモットー。ていねいな説明、わかりやすい資料づくりをこころがけている。


JMACへのお問い合わせ