5S徹底研修プログラム

研修コード:CG1-007

研修のねらい

5Sは業務の正確で適切な遂行、Q・C・Dの厳守、現場の活性化はもとより、体質改善や企業革新の根幹を成すもので、5Sが立派な経営哲学と言われる所以もそこにあります。そのため「徹底的に5S活動を実施したい」と考える事業所も多いですが、実際に5Sを推進するにあたり、「具体的に何をすればよいか分からない」「自社の5Sに対する認識にバラツキがある」といった悩みを多く耳にするのも事実です。

本研修では従業員の皆さんに、まずは自社の5Sレベルの現状を把握していただき、5Sの必要性や課題を共有した上で、自社で活動するための知識と手法の習得をねらいます。

研修の特長

◆貴社の現場・現物・現実を正しく把握する

◆貴社の5Sレベルをビジュアル(デジタルカメラで撮影した写真を教材)で提示

◆自社例に基づいた研修

◆グループ討議を行い、各人が「明日から何をするか?」を認識する

◆5S優秀事例のご紹介

CG1-007_01.PNG

対象者

  • トップマネジメント(社長、役員など)
  • 事業所のトップマネジメント(役員、事業部・事業所責任者など)
  • 各部門の管理者、監督者
  • 各部門の5S推進担当者
  • 5S活動メンバー

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

【JMACでの準備】

  • 工場観察、写真撮影
  • 貴社5S教材作成(写真の整理)

【1日目】

  • 5S活動の意義
  • 貴社5Sレベルの報告
  • 5Sの具体的な進め方

【2日目】

  • グループディスカッション、グループ発表
  • 貴社の5S活動のポイント
  • 貴社の5S活動推進プログラム(案)
  • 5S活動の推進組織と役割
  • 質疑応答