ビジネスアカウンティング入門コース

研修コード:SJ4-004

研修のねらい

ビジネスマンとして知っておくべき会計の基本知識を体系的に学びます。

①会社において、会計はどのような機能を果たしているのか理解できるようになります。
②損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書から、そもそも何がわかるのかを理解すると共に、
そのために必要な情報をどのように分析し、把握するのかを学びます。
③企業価値として株式時価総額を取り上げ、会社の株価から何がわかるのかを学びます。
④管理会計入門として、そもそも財務会計にはどのような問題があり、それらの問題を解決するためにどのような管理会計の仕組みが構築されているのか、講義と演習を交えながら体系的に学びます。

研修の特長

①株式会社制度の特徴や歴史を理解した上で、その中で会計にどんな役割が期待され、そのためにどんな仕組みを会社は持っているのか。様々な会計の仕組みができた背景を理解することにより会社の仕組みとしての会計を、新入社員・若手社員にもわかるように体系的に学べます。

②講義の理解が深まるよう、単元ごとに事例演習をふんだんに盛り込み、グループワークを行うことにより相互啓発による学びを重視します。

③会社がどのような状態に置かれているかを財務的視点から把握することは、あらゆるビジネスマンに求められる基本的なビジネスアカウンティング能力です。実際の財務諸表を使いながら実践的に学びます。

iida_pic01.png

対象者

・新入社員および若手社員

プログラム例

■1単位 株式会社の歴史と会計の役割
・株式会社の歴史の中で株式会社に何が求められ、会計がどうこたえてきたかを学びます。

■2単位 財務諸表からそもそも何がわかるのか
・財務諸表から何がわかるのか、どう分析すればわかるのかを中心に学びます。

■3単位 企業価値ってなんだ
・株価をみるための基本的な指標と、その診方を学びます。

■4単位 管理会計入門
・会計をマネジメントに使うため会社には、どんな仕組みが構築されているのかを学びます。

【標準カリキュラム】 2~4日間

【最適人員】 20名前後