製造部門新入社員研修

研修コード:SJ4-001

研修のねらい

本研修は、新入社員が社会人として自立し、かつ、工場勤務の一人前の社員になることを目指しています。一人前になるためには社会人としてのビジネスマナーだけではなく、製造現場で求められる仕事の基本と心がまえを身につけることが不可欠です。本研修により、工場の全体像や工場の役割を理解するとともに、個人の役割・行動を理解し、自覚を持って業務にあたることをねらいとしています。

研修の特長

製造現場に精通したJMACコンサルタントが基礎用語について正しく、わかりやすく解説します。工場で勤務する人が、仕事の基本と心がまえを基礎から身につけ、社会人としての基本的マナーやこれから働く製造現場で使われる基礎用語を正しく理解し、現場に強い人材育成を目指す内容となっています。また、グループワーク(演習)を通じてチームワークの大切さも学びます。

SJ4-001_01.png

対象者

  • 工場勤務の高卒・大卒の新入社員または中途入社社員
  • 生産・製造・品質管理・工程管理などに配属予定の方

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

《1日目》

  • 会社や仕事への心構え
  • 職場における基本姿勢
  • 工場の役割(良い工場の条件)
  • 工場における管理の重要性

《2日目》

  • 5Sの基礎(整理・整頓・清掃・清潔・躾-意味の理解と実践-)
  • 3MとQCD
  • QCD改善で現場が変わる(事例紹介)
  • まとめ