統計的データ解析研修「おもしろ体得塾」③信頼性工学概要研修

研修コード:CD5-008

研修のねらい

JMACの統計セミナーは、自ら身体を動かして仲間と一緒に考えることで主体的な理解と実務で応用できるスキルを養うことを主眼としています。また、受講者の皆さんにより興味を持っていただくために、身近な事例を用いて、わかりやすさを重視した内容となっています。

本研修は、「おもしろ体得塾」シリーズの統計的データ解析研修のひとつです。

信頼性工学の基本的な考え方について学習します。さらに、品質管理と信頼性工学との違いや信頼性で使われる基礎的な用語の解説から始まり、実務の中で役立てる場面などについて解説の上、故障解析手法の基礎を学びます。

研修の特長

  1. 信頼性工学の全体像と基礎的項目を理解できます。
  2. PC、電卓などで計算することを前提に、方法論ではなく目的論で解説します。
  3. 具体的かつ、実務的に利用できる内容を重視しています。(初心者向け)
  4. 演習の時間を多く取り、身体で覚えるカリキュラム構成となっています。

対象者

・工場、研究所などの品質担当者、技術者

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

【1日間】 

  •  信頼性の必要性
  •  故障率とMTBF/MTTF
  •  信頼性・保全性とコスト
  •  故障解析の手法
  •  信頼性データの解析基礎

CD5-008_01.png

紹介映像

本研修の紹介映像はこちらをご覧ください。⇒  「おもしろ体得塾」紹介映像はこちらから