サプライヤー納入実績向上実践研修

研修コード:CD8-008

研修のねらい

本研修では、Q・D面のサプライヤー納入実績向上に向けた問題解決手法を各バイヤーが担当するカテゴリーで実践し、手法の体得をねらいます。また、受講者が実際に担当している調達アイテム(モデル品)を対象に、必要に応じてサプライヤーを巻込み、納入実績課題に対する現状分析から対策立案・実行までを行うなど、座学で学んだ知識を実践することでスキル向上を図ります。

研修の特長

本研修は、納入実績に基づき具体的なモデル対象サプライヤー・調達品を選定し、成果物の具体的目標を明確にした上で推進手順を策定し、短期推進計画を立案・実践するOJT型研修です。実践結果をまとめて発表し、意見交換と評価を通してレベルアップ課題に取組むのが特長です。

対象者

主に、調達部門の新人担当者~中堅CR担当者

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

CD8-008_01.png