査定購買による調達CR実践研修

研修コード:CD8-006

研修のねらい

調達CRの知識はあっても、実際の業務で活用できていないことが多いのではないでしょうか。

本研修は、査定購買によるCRを実践適用することで、実践力向上を目指します。また、実践活動結果を標準化することで、インフラ強化が期待できます。このように、座学で学んだ知識を実践することにより、スキル体得を図るのが本研修のねらいです。

研修の特長

論理的なCRを行うためには査定購買により、自身で見積りを行うことが基本となります。そのスキルを身につけるには実践的な取組みが鍵となります。本研修は実際に担当する具体的なアイテムを対象に、査定購買による調達CRを実践するOJT型研修です。

 本研修を通して、以下の成果を得られます。

  1. 査定購買による調達CR技術
  2. 受講者自身の現状調達CR業務の課題と改善方向性の明確化

対象者

調達部門の中堅CR担当者

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

CD8-006_01.png

各研修開催日の間には2-4週間の受講者の自主活動期間があります。

自主活動期間については、ご要望により調整可能です。