海外赴任者研修

研修コード:CD8-004

研修のねらい

海外赴任時には、赴任前に経験の乏しい機能の統括責任を負わなければならないケースが多々あります。本研修は、赴任前に調達経験が浅い方を対象に、調達活動の目的や重要性、調達管理の視点を提供し、現地での調達管理実践力向上を目指すものです。また、赴任先における調達戦略、リスク管理、調達人材の育成に資することをねらいとします。

研修の特長

海外拠点で調達機能の管理者として赴任する方は、必ずしも調達業務に精通している方ばかりではありません。本研修では、調達の役割、調達管理のポイントなど調達管理者に最低限必要な基本知識を習得するとともに、受講者同士の交流を図り、横のつながりの強化を目指します。

対象者

  • 海外赴任先で調達機能の統括を予定している調達経験が浅い方、もしくは体系的に学びたい方
  • 調達部門への異動者

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

◆調達を取巻く環境

◆調達のミッションとCPO・調達管理者の役割

◆調達管理のポイント

 調達管理とは何を管理することか

 調達業務フローと調達管理ポイント

 調達管理とは何を管理することか

  • 品質管理
  • 納期管理
  • 購入コスト管理
  • 契約の基本
  • 国際取引で発生するトラブルのシーン
  • サプライヤー管理
  • 調達拠点の調達競争力評価の考え方