採用情報

閉じる

IPS(理想目標展開による極限コスト追求)

研修コード:CD4-005

研修のねらい

IPS(Ideal production System)とは、ある代表製品群を対象に技術的な観点から究極的にコストダウンを図った場合、いくらで作れるかを算出し、それを理想目標としてその実現に向け全部門が一丸となって改善する手法をいいます。本研修では、このIPS手法の考え方と実際の進め方について学びます。

研修の特長

この手法は、技術者からブレークスルーを起こすことによって究極のコストダウンを狙うアプローチ法である。

  1. 対象のあるべき理想を描き(稼働率100%、歩留り100%)、理想と実態のギャップを認識した上でギャップを縮める施策を徹底的に考える
  2. ギャップの視点

 ①既存の生産システム前提で運用面のロスを排除する
 ②生産システム革新を志向した上で、生産技術的な追究を図る
 ③製品設計・要求仕様の変更による理想コストを追求する

3.限界まで理想を追求
 技術の限界、投資効率の限界

CD4-005_01.png

対象者

エンジニア対象

  • 工場長
  • 生産技術者、工機部門・保全部門
  • 設計管理者

プログラム例

【1日セミナー】

  • IPSとは/IPSの発祥
  • IPSの考え方(右からの発想・デザインアプローチ)
  • IPSのステップ展開
  • 戦略売価から理想目標コストの設定
  • 理想コストの設定法(理想コスト計算式)
  • 理想と実態のロス分析の方法
  • 理想コスト追求の考え方
  • 理想とのギャップを埋める考え方
      課題設定の方法
  • 理想コスト追求
      運用面の理想追求
      技術面のブレークスルーの思考法
  • 実行計画の作り方

人材育成トップ