システム構築のための上流工程研修(Ⅲ.業務改革構想作成と要求分析編)

研修コード:CE3-003

研修のねらい

本研修は、システム企画者が、業務改革から要求分析までのシステム開発上流工程を、実践事例をベースに体系的に学ぶことで、既存システムの置き換えではない、戦略的な情報システム投資としての提案ができるようになることを狙いとします。

研修の特長

短期間
フレームワーク(着眼点、ワークシート類)と、作成事例・演習によって、標準的な上流工程プロセスをスピーディに理解することができます。

体系的
ケース事例を元に、業務改革構想から要求分析までのストーリーを体系的に学びます。

具体的
:最初にケースの読み込みを行い、実際に問題の洗い出しから効果試算、改善後業務機能の検討、業務フロー作成まで実施することでケーススタディを実施します。

包括的
業務改革構想から要求分析へのつなぎ方、さらに要求分析の下流工程である要件定義へのつなぎ方も含め構成されています。

実績多
研修に用いるフレームワークは、多くの業務改革およびシステム導入において活用されてきた定評あるものです。


CE3-002_01.PNG

CE3-002_02.PNG

対象者

  • CIOおよび経営企画部門でシステム企画を担当する方々
  • 事業改革、業務改革を構想・推進する方々

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

【1日目】

1章 業務改革構想
  1-1.現状分析
  1-2.問題抽出と対策方向づけ
  1-3.改革テーマの策定
  1-4.実行計画の立案
  演習①、②、③、④

【2日目】

2章 要求分析
  2-1.改善策具体化
  2-2.構想策定
  演習⑤、⑥、⑦、⑧