システム構築のための上流工程研修(Ⅱ.業務改善と問題解決編)

研修コード:CE3-002

研修のねらい

本研修は、システム企画者が、業務改善と問題解決の手法を実践的に学ぶことで、手順だけではなく、思考方法や着眼点を養うスキルを身に付け、実践的な活用につなげることをねらいとしています。具体的には業務の定義、業務機能の展開から業務改善に必要な知識や技術、さらに問題解決の基本ストーリー(問題設定~対策評価)を一般的な事例や演習を通じ、習得を図ります。

研修の特長

短期間
:フレームワーク(着眼点、ワークシート類)と作成事例・演習によって、標準的な業務改善プロセスをスピーディに理解することができます。

体系的
:具体的には、業務機能関連図、業務分析、連関図法、問題解決ストーリーを体系的に学びます。

具体的
:身近な出来事を題材に実際に分析手法の検討をすることで、分析に対する具体的な理解が可能になります。

包括的
:事業と業務改善、ITの関係をどのように捉えるのか、という業務プロセス構造の概念に基づき研修が構成されています。

実績多
:研修に用いるフレームワークは、多くの業務改善および研修プログラムで活用された定評あるものです。


CE3-001_01.PNG

CE3-001_02.PNG

対象者

  • CIOおよび経営企画部門でシステム企画を担当する方々
  • 事業改革、業務改革を構想・推進する方々

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

1章 業務改善
 1-1.業務とは
 1-2.業務改善の進め方
 1-3.業務特性分析
 1-4.業務改善の着眼点

2章 問題解決
 2-1.問題とは
 2-2.問題解決の基本
 2-3.問題解決の基本ストーリー

 演習① 業務機能関連図
 演習② プロセスチャート分析
 演習③ 連関図法