セルフマネジメント力強化研修

研修コード:CC3-004

研修のねらい

 環境変化が激しく、業務が複雑・多様化している昨今において、担当者は一人ひとり多岐に渡る業務を同時並行で推進しています。そのような状況において、担当者は上司の判断や指示を待つのではなく、主体的な働きかけを通して、組織力を発揮した課題解決を図ることが求められています。

 本研修では、セルフマネジメントを身につけ、「自らの仕事を、自らマネジメントし、より高い成果を創出する」ことが出来る技術者の育成を狙いとします。

研修の特長

 与えられた仕事の上位目的理解、より高い成果につなげるために検討すべき課題の認識、似たような失敗を繰り返さないための業務振り返りなどを講義、実習を通じて学びます。また、計画達成率や飛込み業務比率などの改善指標により、セルフマネジメント力の向上度合いを自己認識できるようにします。

 さらに、グループワークを通じて事前相談や計画レビューの場の重要性を理解し、実務の中でも積極的に他のメンバーや上司を巻き込んで課題解決に向けた行動を起こせる人材の育成が期待できます。

CC3-004_01.png

対象者

・研究・開発設計・技術部門及びその関連部門の若手~中堅クラス

プログラム例

■1日目

【講義】

 ・計画立案・遂行力強化に向けたセルフマネジメントの必要性

 ・計画立案・遂行力強化の基本的な考え方

【実習】

 ・一週間の業務計画振り返り (個人ワーク)

 ・特定業務項目のプロセス振り返り(グループワーク)

■2日目

【講義】

 ・計画立案・遂行力強化のための課題ばらし

 ・中小日程計画立案・運用の進め方

 ・日程計画GAPの対策方法

【実習】

 ・中日程計画立案 (グループワーク)