研究所のビジョンづくり・チームづくり研修

研修コード:CC4-012

研修のねらい

研究所では、出口が不明確なテーマや目標の変化が起こりやすいテーマを担う一方で、個人で業務にあたることも多く、目標観やモチベーションを維持することが容易ではありません。また、組織のビジョンと自分の専門性のつながりに悩むことも少なくありません。

研究所のビジョンはトップダウンで発信されるも、まだまだ個人との間には距離があります。上位のビジョンと各自の課題や当面の目標をつなげるために、技術軸や職場におけるビジョンを議論していますか?所属するチームのビジョンの中で各人各テーマの位置づけや意味合いを皆で共有し、上位の目標を分かち合う仲間として、切磋琢磨しあえる関係性づくり、技術風土づくりにつなげることが本研修のねらいです。

研修の特長

本プログラムでは、チームリーダー自らが、技術集団として目指す姿をかかげ、メンバーとともにチームの成長シナリオをデザインします。その中で、各自の業務テーマの位置づけ、意味づけ、さらには新しい課題の形成や取組みを検討していきます。

半年以上の期間をかけて、研修と職場実践を交互に繰り返していきますので、リーダーの能力が高まるだけではなく、メンバーとの一体感醸成、メンバー層もふくめた組織の視野拡大や意欲向上などの効果があります。

また、他チームとの横串検討会、個別相談会なども行いながら、管理職層の課題解決支援、組織一丸となった変革活動につなげていきます

短期的な成果ではなく、組織風土としての定着を目指したいという組織にお勧めいたします。

CC4-012_01.png

対象者

研究・開発部門のチームリーダー層とそのメンバー(支援体制として、管理職層、幹部層の参画)

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

1.チームを取り巻く環境、現状をみつめる

  ・自組織の実態の再点検、チームマネジメント診断

2.技術チームのビジョンと実現に向けたシナリオづくり

  ・価値創造と組織能力開発の2軸革新シナリオ 

3.最優先課題の戦略的な進め方

  ・研究・開発業務推進と2軸思考法、振り返り法

4.リーダー層の横串振り返り会

  ・マネジメントを語り合う仲間づくり

5.自己変革課題の設定

  ・自ら変わり、影響力を発揮する新たな行動習慣

6.チームの振り返りと成果発表会