研究・開発者のための革新戦略提案研修

研修コード:CC4-003

研修のねらい

昨今、R&Dを取り巻く環境は大きく変化しています。また、R&Dに求められる改革課題も多岐に渡っており、効果的な取組み方法・計画策定の難しさも増大しています。

本研修では、日ごろ多忙を極める幹部層が参集し、集中して建設的な議論を行いながら、各所の最重要課題を具体化し、実効性ある取組みにつなげることをねらいとしています。

研修の特長

  • 本プログラムは、技術戦略・商品化戦略といったものではなく、いかにしてR&D組織を成長させるか、活力あふれるものにしていくのか、といった「組織革新戦略」を構想し、提案・実践の途をつけるものです。
  • 未来視点・俯瞰的視野をもって、組織の中長期計画を立案し、現場のモチベーションと能力を高めるような方針や活動の実行につなげることを目指します。
  • 集中的な検討会を通して、お互いの立場・職場の理解を深め、また、世の中の動きや戦略策定のポイントを学びながら、適切な革新施策、革新活動の立案につなげていきます。

CC4-003_01.png

対象者

  • R&D部門の管理職、次世代幹部クラス、革新活動の推進スタッフなど

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

0.事前調査と予備診断

  ・外部環境と上位方針の理解、R&D現場(組織、テーマ、マネジメント、風土等)の理解

1.R&D組織の現場実態をみつめる 

2.R&D組織革新の外部動向、将来動向を探る

3.R&Dの革新ビジョン、革新課題を描く

4.実行上の課題、自身の課題を解く

5.担当役員への提言、R&D部門への発表