ビジネスマナー・コミュニケーション研修

研修コード:BI5-002

研修のねらい

相手が抱く印象は、身だしなみやマナーに限らず、コミュニケーションによって大きく変わります。また、これらはお客さまとの接点に限らず、企業内部においても同様です。組織は、人と人とが支え合い協力し合うことで機能しています。相手を尊重し、良好な人間関係を築くためのコミュニケーションは、全てのビジネスのベースとしてとても重要な役割を果たします。

企業の顔としての活躍に向けて、また社内の円滑な業務遂行・活動推進にあたり、講義と演習をとおして、ビジネスマナーとコミュニケーション基礎の理解・体得へと導きます。

研修の特長

(1)貴社実態を踏まえたプログラム企画

受講者層のレベル・貴社問題認識を確認させて頂き、ご相談の上、プログラム内容から特に重点化すべき内容を絞って行うことが可能です。

(2)貴社応対ルールをふまえたロープレ実践

ご要望に合わせて、貴社応対事例を演習として直接取り扱うことが可能です。これにより、より自分事として捉えて頂ける他、研修終了後の即実践へとつなげます。

また、貴社固有のお客さま対応への配慮の考え方等を展開することが可能です。

対象者

  • 新入社員
  • これから新たにお客さまとの接点業務を担う担当者 など 

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

1.イントロダクション【講義】

  • 仕事の基本となる取り組み意識・姿勢(考え方)、ビジネスマナーの重要性

2.コミュニケーションとビジネスマナーの基本【講義・実践演習】

  • 第一印象や感じの良さ・身だしなみの基本
  • 表情・態度・行動・歩き方・座り方・お辞儀の仕方
  • 信頼を得るための敬語・言葉づかい
  • 報連相

3.就業中のマナー【講義・演習(ロールプレイング)】

  • 電話応対(応対の役割、声・話し方による印象の違い、受け方、不在時対応)
  • メール
  • 来客対応(名刺交換、ご案内、席順)
  • 訪問時の基本的な流れとポイント

4.ビジネス会話とアクティブリスニング・コミュニケーションのポイント【講義・実践演習】

  • 聴く(認める/会話を広げ、相手の言いたいことを深く聞き出す)
  • 話す(思いに配慮する/分かりやすく伝える/聞き取りやすく話す)
  • コミュニケーションギャップを取り除く(相手を理解する/相手と同じ認識であるかを確認する)
  • 接客と営業の進め方(必要なマインド/信頼を得る・安心感を醸成する/交渉)
  • 苦情対応
  • 状況判断

5.判断・対応力を高める/問題解決力と論理的思考【講義】

6.ビジネス文書の基本【講義・実践演習】

※1日間~(研修日程)

※対象者層や各社様のご要望に合わせて、日数・時間配分の変更やプログラムの重点化を図ります。