人・チーム_エンパワー(力づけ)実践研修

研修コード:BI3-014

研修のねらい

組織力を高めていくためには、チームやチームを構成する人の力の発揮が不可欠です。本研修では、人・チームの力の発揮を促進するための手法として、エンパワー、人・チームの力づけの実践方法を学び、新たな組織の習慣づくりをするために、有用なエンパワー、力づけの理解と実感を体得します。知識として理解するだけでなく、実践による体感を得て、その効果を実感してもらうのがこの研修のねらいです。

研修の特長

本研修では、現状のエンパワー状態をJMACオリジナルのエンパワー状態診断(セルフ&チーム)をもとに、実態を把握します。

  • その診断結果を活用し、セルフ(自分自身)、チームのエンパワーポイントを認識します。
  • 効力感、貢献感、有意味感、自己決定感のエンパワーの4要素について理解を深めます。
  • エンパワーの4要素を高めていく手法、考え方を理解と実践からの実感を獲得して、エンパワー状態の高め方を体得します。
  • セルフ(自分自身)とチームのエンパワー状態を高めることで組織力を高めていきます。

BI3-014_01.png

対象者

  • 組織力向上推進担当者および推進部門
  • 経営幹部、次期幹部候補マネージャー
  • 事業部門マネージャー、組織内機能部門マネージャー
  • 若手リーダー、中堅リーダー、新任マネージャー 

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

◇セルフエンパワー

 <基本コース 5回>

第1回 スタートアップセッション

  • セルフエンパワー状態診断による自己の状態理解

第2回 自己効力感を自覚する

第3回 貢献感を自覚する

第4回 有意味感を自覚する

第5回 自己決定感を自覚する

◇チームエンパワー

 <基本コース 5回>

第1回 スタートアップセッション

  • チームエンパワー状態診断による自己の状態理解

第2回 チーム効力感を自覚する

第3回 チーム貢献感、チーム有意味感を自覚する

第4回 チーム自己決定感を自覚する

第5回 一体感、連動感を自覚する

※各回のインターバルも、実践、仲間同士の研鑽、支援の場として活用いただけます。