現場改善促進リーダー養成研修

研修コード:BI3-012

研修のねらい

現場改善力を高めていくためには、改善手法や改善実践ツールなどの知識に加えて、改善を促進するための状態づくりが重要になります。この状態づくりを実現するためには、周囲との関係性を良好にし、改善を実践できる協働関係を構築することが求められます。

本研修では現場改善を促進していくために、周囲の人たちとの協働関係を構築する手法、ツール、姿勢を学習と実践を通して学びます。

研修の特長

本研修では、現場で解決したい具体的な改善テーマを設定し、解決へと取り組んでいきます。

①改善基礎マネジメント
改善を促進するための改善手法・ツールについて学びます。

②やる気マネジメント 
改善への関心、意欲を高め、改善を進めていくメンバー間の協働関係をつくるためのスキル、姿勢について学びます。

③場のマネジメント 
改善を促進するために、改善の必要性の理解を深める、改善への知恵を出す、改善による成果・成長を実感するなどの場をつくり、場を活用するスキル、姿勢について学びます。また、①+②+③を同時に学びながら、現場で解決したい具体的な改善テーマを、学習内容を活かして実践します。こうして実践した内容の振り返りを通して気づきを得たり、振り返りを活用して現場改善促進リーダーの行動習慣づくりの定着を図ります。

BI3-012_01.PNG

対象者

  • 製造部門の担当役員、工場長、製造部長
  • モノづくり現場で実際に改善活動を推進する実施責任者
  • 次世代経営幹部、現場マネージャー
  • 現場改善推進者、現場改善促進リーダーの方々

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

基本コース<6回コース>※各回後に現場で改善実践

①改善基礎マネジメントコース

  ①-1【IE(Industrial Engineering)コース】

      第1回~第5回(5日間)

  ①-2【TPM(Total Productive Maintenance)】

      第1回~第5回(5日間)

②やる気マネジメント+③場のマネジメントコース

  第1回~第5回(5日間)

  1. 実践OJTスキル
  2. 実践インストラクションスキル
  3. 実践コーチングスキル
  4. 実践ファシリテーション基礎スキル
  5. 実践ファシリテーション応用スキル   

④第6回 活動変化・成果共有会